映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バッチリだった三兄妹

映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バッチリだった三兄妹

 『凶悪』(2013年)を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日より公開中だ。



【動画】佐藤健に謝罪要求され…すっとぼける松岡茉優



 15年前のある夜、三兄妹が両親と暮らすタクシー会社の営業所で事件が起こる。その、たった“ひとよ”の出来事によって、稲村家の三兄妹の人生は大きく狂ってしまう。それぞれ別々の人生を歩んできた三兄妹が、15年ぶりの“家族”との再会を果たす時、三者三様に生まれた葛藤と戸惑いを、現在と過去とを交錯させながら描く。



 メインの三兄妹、フリーライターの次男・雄二を佐藤健、電気店勤務の長男・大樹を鈴木亮平、スナック勤務の長女・園子を松岡茉優が演じ、白石組に初参加したのも話題。ORICON NEWSでは、作品の魅力に迫るべく、三兄妹を演じた3人にインタビューを実施。共演した感想や、白石作品の魅力について話を聞いた。



――3人で三兄妹を演じた感想は?



【佐藤】亮平さん、松岡さんのお二人に引き出してもらった、という印象ですね。僕が演じた雄二は受動的なキャラクターでもあるので、特に園子とのシーンでは松岡さんが芝居のテンションを作ってくれて、役者としても助けてもらったなぁ、という印象です。



【松岡】ちゃんと兄妹に見えるだろうか、男と女に見えてしまわないか、そこが課題でした。でも今回、どんなに近づいても、相手に触れていても、ちゃんと兄妹に見えると思えたんですね。そこはうまくいったかな、と思っています。



【鈴木】3人の相性がよかったと思います。無理して兄妹っぽくしよう、というのもなかったくらい自然とシーンが成立していく感じがあった。お芝居がお芝居に感じられないくらい、健くんは雄二だったし、松岡さんは園子だったな、という気がします。



――佐藤さんと鈴木さんは、兄弟役で共演するのはドラマ『天皇の料理番』(2015年、TBS)に続いて2作目ですね。



【佐藤】安心でしたね。亮平さんとだったら問題なく、兄弟の絆が表現として出せるな、というのがわかっていたので。



【鈴木】兄弟役云々の前に、僕は健くんのことを俳優として絶対的に信頼しているので、また共演できてうれしかったです。体のデカさというか、骨格の違いが前回同様不安だったんですけど(笑)。



【佐藤】まったく問題ない(笑)。



――そして、三兄妹の母・こはるを演じるのは田中裕子さんです。なにものにも揺らぐことのない品があって、それでいて…



【佐藤】今回、クスッと笑える要素を一手に引き受けてくださいました。白石監督の作品だし、予告編で切り取られた田中さんのシーンを観て、シリアスな田中裕子さんを想像された方がほとんどだと思いますが、シリアスとコメディーのバランスが絶妙ですね。暗そう、重そうじゃなくて、実は、面白いんですよ、この映画。サバサバして、肝が据わっていて、いつも前向きに振る舞う“肝っ玉母さん”のイメージを体現されていている一方で、ものすごく繊細でシリアスなお芝居で締めるところは締める。どちらの田中裕子さんも堪能できる贅沢な作品です。



【松岡】お母さんとふたりで一つの布団で寝るシーンが印象に残っています。テストでは普通に横になったままハグする感じだったのですが、本番でギューッと抱きしめてくれたんです。とっさに匂いをかいでいました。自分が子どもの頃に母親にギューッとしてもらった時にも母の匂いをかいでいたな、と思い出して。映画を観てくださった方も、自分の母親の匂いを思い出すような、そういうシーンになっていたらうれしいです。田中さんがギューッって、抱きしめてくれた感覚は忘れられないですね。



【鈴木】園子だけ、いいよなぁ(笑)。僕にとっても、田中さんは大先輩として尊敬している俳優のお一人だったので、共演を楽しみにしていました。大河ドラマ『西郷どん』の関連番組で、西田敏行さんと対談させてもらった時に、共演した女優さんの中で印象に残っているのは「やっぱ田中裕子ちゃんだね」とおっしゃっていたのを思い出しました。顔合わせで初めてお会いした時は、“わぁぁ、田中さんだぁ”という感動がありました。現場では、15年ぶりに再会した母親とどう接したらいいかわからない、という状況設定もあったので、緊張感を保つようにしていました。園子みたいに、甘えたかったなぁ。



――チャーミングなこはるさんが物語をさらに魅力的なものにしていますよね。三兄妹を取り巻く周りの大人たち――佐々木蔵之介さん演じるタクシーの新人ドライバー・堂下道生や、こはるの甥でタクシー会社を引き継いだ丸井進、堂下の過去を知るチンピラ・友國淳也役の大悟(千鳥)なども意外とユーモラスでした。



【佐藤】白石監督作品の面白いところはエンターテインメントをちゃんと見せてくれるところだと思う。そこがすごく好きです。芯の通ったテーマとのバランスが絶妙。大悟さんが登場するシーンも不自然じゃない範囲で空気感を変えてくれるし、カーチェイスでハラハラさせる展開もあって、今回の作品も最後まで楽しめると思います。



――昭和のなごりを感じる平成の時代を映画に閉じ込めたような作品だと思いました。



【松岡】見たことがないような異様なものが出てこない、むしろどこかで見たことがあるような景色の中で物語が進んでいくので、観ていて安心できるんだと思います。



【鈴木】ロケーションもあるかもしれないですね。三兄妹の実家であるタクシー会社は、千葉との県境にある茨城県の神栖市のタクシー会社さんをお借りして撮影していたんですが、美術さんたちが“15年前から時間が止まっているような雰囲気”を作ってくれていたし、地方都市の国道沿いの風景というのは、どこかにありそうな景色。昭和のなごりを感じさせますよね。



――白石監督は「顔のない街を作りたい」と仰っていたそうです。白石監督は「何も特徴のない郊外のどこかの街並みを描きたい」と、ロケ場所にも強くこだわったそうです。



【佐藤】家族を描いた作品を観ると、自分の親のことや子どもの頃を思い出すことがあると思うんです。それって、昭和や昭和のなごりがある平成を思い出すことになるんじゃないですかね。



【松岡】私も、そう思います!



――家族に関するカタルシスがありますよね。



【佐藤】ひと口に「家族」といっても、人それぞれいろんなイメージを持っていると思うんです。温かいイメージを持っている方もいるだろうし、かなりネガティブな感情が湧く方も少なくない数いると思うんです。特にネガティブな感情は持っていなくても、別々に暮らしていて用がなければお互い連絡を取り合わない人もいると思う。僕も家族と連絡を取る機会は減っていたんですが、この作品の撮影中、「親元気かな? 何しているのかな?」と思って、実家に電話しました。どんな人がご覧になっても、じんわりと心が動かされる作品になっていると思う。



【鈴木】“家族”に正解はないと思いましたね。こういう家族になりたいという理想を持つことはできるけど、家族といえど一人ひとり、思っていることは違っていて、みんな“いびつな家族”で、それでいいんじゃないかと思いましたね。僕らが演じた稲村家を見て、“これこそ家族だ”なんて答えは出ません。でも、こういう家族もいるんだな、愛情の形っていろいろなんだなということは感じてもらえるんじゃないかと思っています。



【松岡】私からは、健さん、亮平さんを見どころに挙げたいです。お二人のイメージがこの映画で全く変わるのではないか、と思うくらい、いままでにない新鮮な姿を観ることができると思います。



【佐藤】いま、人が嘘をついている瞬間を目撃しちゃったなぁ。



【松岡】えーっ、なんてことを言うんですか。



【鈴木】茉優ちゃんも、ちょっとやさぐれた感じが新鮮だったよ。



【松岡】自分を含めて言うと、なんだか手前味噌っぽくなるので、あえてお二人といいましたが、私もいままでにない姿で出ています(笑)。



――最後に本当の兄妹のようなやりとりまで見せてくださり、ありがとうございました。



(撮影:小倉直樹)
カテゴリ