未完成っぽいのが大正解。ピュア気分の時に取り入れたいノーアイラインでかわいいメイクHow To♡


アイラインなしではメイクが完成してないような気分になってしまうけど、実はアイラインなしでもかわいいメイクが作れるって知っていますか?



とくにカラフルなアイカラーを使う時は、黒やブラウンのアイラインがない方が色が鮮やかに映えるんです!



今回はそんな“アイラインなしでかわいいメイク”をご紹介します♡



まずはアイメイクの基本をおさらい




illustration by machi



今回は「かわいい系」と「かっこいい系」に分けてご説明します。



かわいい系にしたい場合




①目の形を丸くしていく

②縦の長さを出すことを意識することで丸さを出す

③涙袋を強調するのも丸さを出してくれるのでかわいい雰囲気に

④前上に向かってビューラーでまつ毛をあげ、マスカラでキープする




かっこいい系にしたい場合




①横長を意識し、きりっと引き締まった目元に

②斜め上に向かってビューラーでまつ毛をあげ、マスカラでキープする。目尻の毛が短い人は、部分用付けまつ毛を着けても◎




どちらも実は、まつ毛がポイントです。



まつ毛がしっかりあれば、アイラインなしの方がむしろメイクに抜け感が出ておしゃれ顔になるんです!



マツエクの場合も、目の中央に長さが出るように着けてもらうとかわいい目元にできますよ♩



アイラインなしのおすすめメイク



アイラインなしの時に楽しみたいのがカラフルな目元。アンニュイ美人が好みなら、パープルがおすすめですよ♡



パープルメイク



難易度が高いパープルですが、1色だけを使いまつ毛をしっかり上げ、アイラインなしにすることで垢抜けた華やかな目元に。



チークとリップは相性の良いくすみがかったピンクベージュにすれば体温低い感じの儚げ美人の出来上がりです!




illustration by machi



もう1つは、大人っぽい印象のボルドーリップをピュアに。



ボルドーメイク



ボルドーは暖色系と合わせるのもかわいいのですが、ピュア感を出すなら、ラベンダーっぽい青みピンクと合わせるのがおすすめなんです♡



暗い色のアイラインがないからこそ、ピンクとピュアさが際立ちます。



ファッションの引き算をアイメイクでするのも◎




illustration by machi



暗い色のファッションが多くなるこれからの時期こそ、アイラインなしの抜け感のあるカラフルなアイメイクがおすすめです♡



カテゴリ