【紅白】出場歌手決定 キスマイ、菅田将暉ら初 美空ひばりさんが“AI技術”でよみがえる

【紅白】出場歌手決定 キスマイ、菅田将暉ら初 美空ひばりさんが“AI技術”でよみがえる

 令和初となる『第70回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45 総合ほか)の出場歌手が14日、同局で発表された。初出場は、白組はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnuの5組、紅組は日向坂46、Foorin、LiSAの3組。出場歌手は41組、そのうち初出場は8組となる。



【紅白特集】出場者一覧 キスマイ、菅田将暉、日向坂46らが初出場



 「NHK 2020応援ソングプロジェクト」から誕生し、米津玄師のプロデュース楽曲「パプリカ」で人気を集めた小中学生5人組ユニット・Foorin。今回、新たに5人の英語ネイティブの子どもたちで結成された「Foorin team E」が、全編英語詞の「Paprika」で同時出場することも発表された。



 また、NHKでは今年、日本を代表する歌姫が亡くなって30年を迎えるあたって「令和の今、もう一度ひばりさんに会いたい」との多く人々の思いに応え、人工知能(AI)でその歌声をよみがえらせようとプロジェクトが発足。作詞家・秋元康氏、デザイナー・森英恵氏、歌手・天童よしみらが、ひばりさん30年ぶりの新曲「あれから」が制作された。令和最初の紅白のステージで「時空を越えた夢のシーンをお届けします」としている。



 NHK制作局エンターテインメント番組部の二谷裕真部長は、出場歌手の選考ポイントは例年どおり、(1)今年の活躍、(2)世論の支持、(3)番組の企画・演出の3点が柱と説明。「いずれも今年の紅白を飾るに相応しい、素晴らしい方々にお願いできたと自負しております」とあいさつした。



 同番組では、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年に向けて、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。司会は紅組・綾瀬はるか、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。



以下、出場歌手一覧(カッコ内は出場回数)



【紅組】

aiko(14)

いきものがかり(11)

石川さゆり(42)

AKB48(12)

丘みどり(3)

欅坂46(4)

坂本冬美(31)

椎名林檎(7)

島津亜矢(6)

Superfly(4)

天童よしみ(24)

TWICE(3)

乃木坂46(5)

Perfume(12)

日向坂46(初)

Foorin(初)

松田聖子(23)

MISIA(4)

水森かおり(17)

LiSA(初)

Little Glee Monster(3)



【白組】

嵐(11)

五木ひろし(49)

Official髭男dism(初)

関ジャニ∞(8)

Kis-My-Ft2(初)

King & Prince(2)

King Gnu(初)

郷ひろみ(32)

GENERATIONS from EXILE TRIBE(初)

純烈(2)

菅田将暉(初)

DA PUMP(7)

氷川きよし(20)

福山雅治(12)

Hey! Say! JUMP(3)

星野源(5)

三浦大知(3)

三山ひろし(5)

山内惠介(5)

ゆず(10)
カテゴリ