紅白初出場・LiSAの人物像“アニソン歌う理由は” 歌唱曲予想にファン沸く

紅白初出場・LiSAの人物像“アニソン歌う理由は” 歌唱曲予想にファン沸く

 大みそか恒例『第70回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が14日、発表され、歌手のLiSAが初出場することが決定した。『ソードアート・オンライン』(SAO)、『鬼滅の刃』など人気アニメの主題歌を多く担当し、「アニソン界の歌姫」と称されるなど、アニメファンから絶対的な支持を受けている彼女の魅力を、ORICON NEWSが過去に取材したインタビューなどから伝えていく。



【紅白特集】出場者一覧 キスマイ、菅田将暉、日向坂46らが初出場



 LiSAは、1987年6月24日生まれの岐阜県出身。2010年にテレビアニメ『Angel Beats!』の劇中バンド“Girls Dead Monster”の2代目ボーカル・ユイ役に抜てきされ人気を集め、翌年の11年にミニアルバム『Letters to U』でソロデビュー。その後、テレビアニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』『鬼滅の刃』など数々の人気作品の主題歌を担当してきた。



 2018年5月に発売した、ベストアルバムがオリコンランキングで、女性シンガー史上4人目のアルバムランキング1位2位独占という快挙。地位を確立し、昨年末のインタビューでは「2年前にアジアツアーをやった時は、海外のお客さんも一緒に歌ってくれたんですが、曲の2番からパタッと歌わなくなって(笑)。アニメのTVサイズ楽曲を聴いてくれていた人が多かったと思うんですが、今年のライブでは『Catch the Moment』も『crossing field』もお客さんが最後まで日本語で歌ってくれるんです。アニメから入った人たちがLiSAというシンガーに会いに来てくれているんだって感動しました」と浸透していることを喜んでいた。



 シンガーとして10年を振り返ると「この10年で、私自身が“変わった”感覚は正直ないんです。時代の変化とともにやっていることも触れていくものも変わってきましたが、木が枝葉を付けて大きくなっている感覚。10年前と違う木をいくつも植えているわけではなくて、同じ木の中でどんどん広がっている感覚があります」。



 また「アニメって人の思いがいっぱい込められて、愛情持って作られていて、多くの人たちの想いを背負って私が歌うんだと感じました。私にとってアニメは愛情を込めて作ったものが、世に出て認められていく“素直なルート”だと思えたんです」とアニソンを歌う理由を話していた。



 そんな彼女が今年の紅白歌合戦で歌う曲はまだ不明。数多くのアニメ作品の主題歌を歌つていることからネット上では「何を歌うのか?」と予想する声が相次いでおり、ツイッターのトレンド1位に。「鬼滅の刃のOPを歌うのかな?『紅蓮華』に紅って文字が入っているし」「SAOの『crossing field』で初めて知ったので、聴きたいな~。SAOの主題歌多く歌っているからメドレーも面白いかも」などがあがり、歌唱曲の発表に注目が集まる。
カテゴリ