押切蓮介初監督アニメ『ざしきわらしのタタミちゃん』 井澤詩織・新井里美・杉田智和が出演

押切蓮介初監督アニメ『ざしきわらしのタタミちゃん』 井澤詩織・新井里美・杉田智和が出演

 『ハイスコアガール』『ミスミソウ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介が初監督に挑戦するミニアニメ『ざしきわらしのタタミちゃん』のメインキャストに井澤詩織・新井里美・杉田智和が決定した。キャストと監督からコメントも到着している。



【画像】『ざしきわらしのタタミちゃん』キャラデザ



 同作は、国内最大級のクラウドファンディングサービスである“Makuake(マクアケ)”にて資金調達をする、ミニアニメ制作プロジェクト。10月25日~12月25日の約2ヶ月間、上京したばかりのタタミちゃんの当面の生活費を支援する形で資金調達を行う。また、上京後の生活を支援してくれた人には、タタミちゃんより感謝の気持ちを込めた素敵なリターン品も用意される。



 押切氏が原作・脚本・キャラクター原案、監督まで務め、アニメーション制作は、『バッテリー』『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』など有名作品を手掛けるZERO-Gが担当。物語は、主人公の幸せを呼ぶキュートな妖怪・ざしきわらしのタタミちゃんが、東京に憧れ、遠く岩手の遠野より上京するところから始まる。東京に住む魑魅魍魎たち(幽霊や妖怪、人間)と生活し、様々な出会いを通し、ときにほっこり、ときに風刺の効いたストーリーでタタミちゃんの成長が描かれる。

 

 かわいい見た目とは裏腹に、毒舌で元気いっぱいの主人公・タタミちゃんを井澤が、素敵な殿方との出会いを切望している、タタミちゃんが東京で借りたボロアパートの大家さん役に新井が決定。そして、タタミちゃんと同じアパートに住み、人をくすぐることを生きがいとする、くすぐり坊主を杉田が演じている。



 井澤は「小憎たらしいけど最高にキュートな愛されキャラになるように頑張りました」とコメント。新井は、「押切さんから“新井さん、煩悩にまみれた尼さん役、お願いします”と。もう何て酷いお願いだ…本当に私がやるんですか…喜んでやりますとも、そういうの、大好物なので!!」と、役の決定を喜んだ。杉田は「誰がジジイだ! 幽霊は苦手ですが、人の怖さが際立つ作品でしたとコメント。さらに、押切監督は、「タタミちゃんの愛くるしさ、毒々しさを初め、周りを囲む不可思議なキャラクター達のカワキモイ様子に酔いしれて頂ければと思います!」作品の見どころを述べている。
カテゴリ