付き合ってよかった!年上彼女にグッと来た瞬間3つ

付き合ってよかった!年上彼女にグッと来た瞬間3つ

「付き合ってよかった」と彼が思ってくれていたら、普段口には出さないとしても、やっぱり嬉しいですよね。


そこで今回は、年上彼女と付き合っている男性に「付き合っていてよかった!」と、心から思った瞬間について語ってもらいました。


年下彼氏に愛されたい方は、彼氏の心をつかむヒントとなるはずです!



問題点を優しく指摘してくれる


「3つ年上の彼女がいます。社会人の3年目の彼女は、それだけ経験を積んでいて知識も豊富。

この前も、仕事で一緒になった取引先の方へ、電話で話すべきことをアドバイスしてくれて……。


そのおかでスムーズに仕事ができ評判も上々。

デート中も、トラブルを避けるのが上手ですし、いろいろ学ぶたびに、付き合っていて良かったと思えます」(25歳・男性・会社員)


彼の欠点というよりも「これをしておかないとこうなる」というのがわかるので、それを指摘してあげられるのかもしれません。


彼のプライドを傷つけないよう、優しく助言してあげられるなら、その度に、彼のなかでの存在価値を大きくできるはずです。


結果が出るまで待っていてくれる


「付き合いたての頃は、上手にデートができませんでした。恥ずかしながら、彼女は僕の初めて彼女で……。


それでも彼女は不満や文句を言わず、僕が経験を積むのを待ってくれていました。


これは、キスやHのときも同じ。彼女が少しずつ自信をつけさせてくれたんです。

上手くできるようになったときにはすごく喜んでくれて。グッときました」(22歳・男性・飲食店勤務)


年上だからこそ、すぐに結果を求めないで、待つことができるかもしれません。


年下の彼がなにか努力をしている場合には、ちょっとしたアドバイスやリクエストをしつつ、じっくり待ってあげるといいかもしれません。


いろんな楽しみを教えてくれる


いろんな楽しみを教えてくれる


「デートは毎回、彼女に助けられています。

たとえば『そろそろ秋だし、○○のお店で○○が食べれるかも』と教えてくれるという感じ。


また彼女が以前、職場の先輩から聞いたデートスポットに誘ってくれたり、おうちデートでもちょっと面白い話や遊びを提供してくれたり。

さすが、年上だなと感心しています」(27歳・男性・会社員)


長く生きているということは、それだけ人にも文化にも触れていて経験豊富。それらの知識を彼氏と楽しむために使えるなら、幸せなことかもしれません。


彼の喜ぶ顔を見ながら、自分が持っている情報の使い方を考えてみませんか?


おわりに


年上彼女×年下彼氏であったとしても、意外とプレッシャーなく付き合えているカップルが多いようです。


年齢を意識せずに、自然なコミュニケーションができていれば、年上なりの経験も生かしやすいもの。


みなさんも上手に経験を駆使してみてはいかがでしょう?


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ