指原プロデュース≠ME、センター冨田菜々風が夢語る「東京ドームに12人全員で立つ」

指原プロデュース≠ME、センター冨田菜々風が夢語る「東京ドームに12人全員で立つ」

 タレントの指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ第2弾「≠ME」(ノットイコールミー)が17日、東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージでミニライブを開催した。



【動画】≠ME「君の音だったんだ」ミュージックビデオ



 集まった1500人の観客を前に、先輩グループ「=LOVE」(イコールラブ)が初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得した6thシングル「ズルいよ ズルいね」(10月発売)のカップリング曲として収録されている≠MEの新曲「君の音だったんだ」や、自身初のオリジナル曲「≠ME」、さらには=LOVEのカバー4曲を含む全6曲をパフォーマンスした。



 センターの冨田菜々風(とみた・ななか)は「私たちノットイコールミーの夢は、今、目の前にある東京ドームに12人全員で立つことです。簡単な道のりではないけど、このステージからひとつずつ前に進んでいって、いつか必ずここにいる皆さんを東京ドームに連れていきます!」と大きな夢を語り、ファンと約束しました。



 イベント中にはサプライズとして、プロデューサーの指原から手紙をカメラマンから手渡された。メンバーの蟹沢萌子が驚きながらも読み上げると、≠MEの定期公演を開催すること、その初回を12月30日に東京・天王洲 銀河劇場で行うことが発表され、ファンを沸かせた。指原は手紙を通じて「みんなが初お披露目の時にイコラブに立たせてもらった劇場だね。私もスタッフもとっても楽しみにしています。みんなの成長と向上心が日々の活力です」とエールを送った。



■プロデューサー指原莉乃からの手紙全文



みなさん、こんにちは

指原莉乃です。

ノイミーのみんな、初めての全握おめでとうございます!今まで自分たちが誰かアイドルやアーティストを応援していたのと同じように、今みんなのことを応援している人たちが目の前にいます。

期待を裏切らないよう努力し、そして感謝を忘れず、何か辛いことがあったらいま目の前に広がる景色を思い出してください。

シングルデビューもまだしていないみんなのことを待ってる人がいます。これってすごいことだよね。

ファンの皆さんも集まっていただきありがとうございます。まだまだ未熟なグループ、プロデューサーですが、みなさんに楽しんでいただけるよう、より一層努力します。

さあ、今日お手紙を書いているのは…メンバーのみんな、ファンの皆さんにお知らせがあります!

ノイミー第一回定期公演が2019年12月30日に決定しました!

定期公演と言えばいつもイコラブも代アニライブステーションで行なっている公演です。が!

今回はノイミー初めての定期公演ということで…会場は、銀河劇場です!!

みんなが初お披露目の時にイコラブに立たせてもらった劇場だね。

私もスタッフもとっても楽しみにしています。みんなの成長と向上心が日々の活力です。

それではこの後の握手でも感謝の気持ちをファンの皆さんにお届けしてね。

指原莉乃



■東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージ セットリスト

1. スタート!

2. 届いてLOVE YOU▽(▽=ハート)

3. 「部活中に目が合うなって思ってたんだ」

4. 探せ ダイヤモンドリリー

5. 「君の音だったんだ」

6. ≠ME
カテゴリ