上川隆也、“宇宙大好き少年”だった 巨大望遠鏡に大興奮

上川隆也、“宇宙大好き少年”だった 巨大望遠鏡に大興奮

 俳優の上川隆也が主演するテレビ朝日系人気シリーズの新作『遺留捜査 新作スペシャル1』が、24日(後9:00~11:05)に放送される。これまで、同シリーズで“ロッククライミング”や“オーケストラの指揮”、“フェンシング”など、さまざまなチャレンジを遂行してきた上川。宇宙旅行がキーワードのひとつとなっている本作では、90年の歴史を持つ天文台でのロケに挑んだ。



【写真】天文台での撮影を楽しむ様子



 上川が訪れたのは、京都大学大学院理学研究科附属の“花山(かざん)天文台”。1929(昭和4)年、京都市山科区にある花山山の山頂に創設された、日本で2番目に長い歴史を持つ大学天文台で、開設当初から市民に親しまれ、“アマチュア天文学の聖地”ともいわれている場所。



 “京都を彩る建物や庭園”に選ばれた本館には、当時の造船技術を駆使して造られた円弧状の鉄骨と木材による天体ドームがあり、そのドーム内には屈折式としては国内で3番目の大きさとなる口径45センチの望遠鏡が設置され、現在でもしっかりと稼働している。



 このドームで撮影されたのは、聞き込みに訪れた糸村が、仕事そっちのけで望遠鏡に夢中になる…という場面。実は小学生時代、“宇宙大好き少年”だったという上川。「一時すごくハマったことがありました。そんなに詳しくはないのですが、いまだに1等星を含む星座ぐらいは覚えています」といい、巨大望遠鏡を目の当たりにして大興奮。高さをものともせず、望遠鏡の傍らに備えられた階段を上がり、天文台スタッフの説明を聞いては、まさに少年のように瞳を輝かせていた。



 すっかり天文台に魅せられた上川は「本館のドームは当時の建築技術の粋を集めたであろう造りになっていましたし、現役でしっかりと稼働する望遠鏡の姿には感動すら覚えました。まさに日本の天文学史を支えてくれた、ひとつの文化財。撮影に使わせていただき、心から感謝しております」と、感動もひとしおだった。



 同シリーズは、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、事件そのものを解決するだけでなく、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁して、遺族の心を救うことがある反面、超マイペースで空気を読まない刑事・糸村聡(上川)の活躍を描く。



 今回の『新作スペシャル1』は、30年ぶりの“同窓会”から幕を開ける。ある事件の被害者の思いを伝えるため、代理でとある高校の同窓会に出席した糸村。ところがなんと、同窓会会場で見かけた男性が翌日、遺体で発見される事件が発生する。糸村は、死んだ男の所持品の中に、保存容器に入ったコロッケを見つけ、いったいなぜ被害者はコロッケを持ち歩いていたのか、独自の捜査をはじめる。しかも驚いたことに、同窓会のメンバーは誰も彼のことを知らないと口を揃え…。



 やがて疑惑は、同窓会に出席していた旅行会社社長・名波清香(南野陽子)に集中。彼女は宇宙旅行の発売を大々的に発表し、一躍脚光を浴びた人物だが、その華やかな活躍の裏に人知れず苦悩を秘めていた。コロッケと宇宙、とても繋がりそうにない2つの要素から、糸村はどんな真相を導き出すのか!?
カテゴリ