好きじゃないの?彼女に対して“距離を感じてしまう”原因

好きじゃないの?彼女に対して“距離を感じてしまう”原因

付き合っているのに、なんだか距離を感じてしまうと、不安だけが大きくなっていくだけ。


何気なく取っている行動によって、彼氏を不安にさせている場合もあるので、それに気づかないままでいるのは危険でもあるでしょう。


そこで今回は、彼女に対して“距離を感じてしまう”原因を紹介します。



聞いている感じがしない


彼女が自分の話をちゃんと聞いてくれなくなったと感じたら、男性は不安が生じるはず。


「俺に興味がなくなったのかな」とか「俺との関係性に飽きてきたのかも」といった思いも膨らむかも。


適当な相づちを打つだけだったり、スマホやテレビを見ながら話を流し聞きしたりすることが増えると、たとえ聞いていたとしても“聞いていない感”が出てしまうでしょう。


特に、大事な話やふたりのことについての話に関しては、しっかりと聞く姿勢を見せないと、「もう無理かもな」なんて気持ちが芽生えたりもしかねませんよ。


“助け“を拒まれる


彼女が困っていたら、「なんとかして助けてあげたい」という思いになるのは普通のこと。


そういった際に、その助けを拒まれてしまうと、男性としてはとても虚しい気持ちになるはずです。


「自分で解決したい」とか「手を借りるのは悪い」など、そこには様々な考えがあるのかもしれませんが、「大丈夫だから!」なんてきつい言い方で断るのはさすがにNG。


「ありがとう。でもね…」と、まずは感謝の言葉を述べてから、断る理由をきちんと伝えることが大事でしょう。


ずっと受け身である


ずっと受け身である


自分の言うことに従ってくれる従順な彼女は、最初のうちは可愛らしく見えるものです。


でも、いつまでもずっと受け身なままでいたら、男性も「俺といてもつまらないのかな」と感じ始めるはず。


自分の意見や考えを述べてくれないと、何を考えているのか、いまいちよくわからなくもあるので、距離だってなかなか縮まらないでしょう。


わがままになりすぎるのはダメですが、「こうしたい」「ああしたい」という主張もしていかないと、一緒に楽しめるふたりにはなれないですよ。


“大事なこと”を話してくれない


自分にとって“大事なこと”は、真っ先に恋人にも報告したいと普通は思うはずです。


だからこそ、恋人が大事なことを話してくれないと、急に大きな溝や距離を感じるようにもなるもの。


なんでもかんでも全てを話す必要はないので、例えば、仕事上の重要な話や大きめの予定などは、共有し合うようにしたほうがいいかも。


わからないことや知らないことがどんどんと増えていくと、付き合っている意味などを考えるひとつのきっかけにもなってしまうでしょう。


おわりに


変な距離感が生まれてしまうと、それがどんどん大きな溝になっていく危険性もあります。


ときには頼ったり甘えたりすることも、愛を育む大事なポイントのひとつですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ