理想的な「尊敬し合える関係」って、どうすれば作れるの?

理想的な「尊敬し合える関係」って、どうすれば作れるの?

夫婦でも恋人同士でも、「尊敬しあえる関係」って素敵ですよね。


でも、日々を一緒に過ごしていると、どうしても旦那さんにイラっとしたり、「なんで結婚したんだろ……?」と思ってしまったり。


「尊敬できないな」と感じることもあるでしょう。


そこで今回は、「相手を尊敬する」ための心構えをいくつかご紹介します。本当にお互いを尊敬しあえる関係って、いったいどうすれば築いていけるのでしょうか?



相手をわかった気にならない


人は「わからない」ことがあると不安になります。そのため、なにかと理由をつけて「謎」の部分や「不明確」な部分を無くそうとする心の動きが働きかけるもの。


たとえば、彼が何回か待ち合わせに遅刻すると、「彼はルーズ」と決めつけてしまってはいませんか?


それはもしかしたら、「彼=ルーズな人」というある意味での“理由”をつけて、無意識のうちに不確定な要素を取り除いているのかもしれません。


「彼はルーズ」だという先入観があると、彼が間に合った日は「偶然」と片づけ、うっかりした失敗もすべて「ルーズだから」と考えがち。


それを繰り返していると、いつの間にか彼を「ありのまま」で評価することができなくなってしまいます。


相手のことを「わかっている」というのは「幻想」だといっても過言ではありません。彼の一面を見て、「すべてわかった」気にならないよう、心がけていきましょう。


「わからない」ところにこそ、新たな彼の「尊敬ポイント」がひそんでいるのですから。


自分の“当たり前”を疑ってみる


相手のことを自分の“当たり前”を基準に判断していませんか?


たとえばあなたが早起きが得意なら「早起きできないなんて意思が弱い」と考えてしまったり、親から「漫画を読むやつはダメだ」なんて言われていると、その通りに評価してしまったり……。


でもあなたのなかにある“当たり前”は、いったいだれにとっての“当たり前”なのでしょう?「みんなこう思ってる」の「みんな」は、あなたが知りうるなかでの「みんな」でしかありません。


「正しい」「間違っている」の基準は人の数だけ無数にあるもの。「だれか」の“当たり前”で彼を判断しないで、あなたの目でしっかりと見てあげてください。


お互い「違う人」だと意識する


お互い「違う人」だと意識する


関係が深くなってくると「自分と同じように考えているだろう」と思ってしまいがちですが、本来「違う人である」ということを忘れないで欲しいのです。


「同じでないとおかしい」と思っていると、意見をどちらかに合わせることがメインになってしまい、お互いに相手のことを否定的に見てしまいます。


でも、「そもそも違う人」と考えていれば、相手と自分の考えがちがっていても「あなたはそう考えるのね」と相手の意見を受け入れることができます。


「ちがい」を意識して、相手を大切にしてこそ、尊敬しあえるはずだから。


おわりに


筆者が考えるに、「尊敬」するためには「自分だけの基準で判断しない」ということが一番大切だと思います。


尊敬しあっているカップルは、自分のことも相手のこともとても大切にしているもの。まずあなたが「相手を尊敬する」すると、自然な形で、あなたにもかえってくるはず……。


相手のことを自分の世界の中ではなく「ありのまま」で評価できる素敵な関係を目指してみていただけたら幸いです。


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ