U2、13年ぶりの来日公演で魅せた『ヨシュア・トゥリー』完全再現 改めて見せつけた唯一無二の“型”

U2、13年ぶりの来日公演で魅せた『ヨシュア・トゥリー』完全再現 改めて見せつけた唯一無二の“型”

 グラミー賞を22回受賞、累計セールス1億5000万枚以上を誇る世界的ロックバンドU2が『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』で来日。2006年の『ヴァーティゴ・ツアー』以来、13年ぶりの来日公演が12月4日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで実現。約2時間半にわたり満場の観客を熱狂させた。



【写真】「日本」を背景にパフォーマンスするU2



■名盤『ヨシュア・トゥリー』を完全再現



 同ツアーは1987年に発表されたアルバム『ヨシュア・ツリー』の30周年を記念して2017年にスタートし、北米、ヨーロッパ、南米で270万人以上を動員。名盤と名高い『ヨシュア・ツリー』を完全再現したセットリスト、巨大なスクリーンを駆使した映像も高い評価を獲得し、U2の健在ぶりを改めて証明するツアーとなった。



 アジア、オセアニアを中心とした“続編”では、U2史上初となるシンガポール、ソウル、マニラ、ムンバイでの公演も実現。日本公演でも、さらに進化した「ヨシュア・トゥリー・ツアー」を体現してみせた。



 ライブは初期の代表曲「Sunday Bloody Sunday」(アルバム『WAR』収録/1983年)でスタート。さらに「New Year‘s Day」「Pride(In the Name of Love)」(アルバム『焔』収録/1984年)などのヒット曲を“ヨシュア・ツリー”の木の形を模したサブステージで次々と披露する。アリーナ(スタンディング形式)の観客は拳を上げ、大合唱が巻き起こる。爆音のサウンドが生々しく響き、まるでライブハウスのような熱気だ。ピリッとした緊張感をたたえたエッジーな演奏、ダイナミックなボノのボーカルも素晴らしい。



 メンバー4人がメインステージに戻り、巨大なスクリーンが真っ赤に染め上がると、ここからは『ヨシュア・トゥリー』を完全再現。「日本の子供ために、平和に思いを馳せよう。この地域、そして世界へ向けて平和への祈りを、そして感謝を捧げよう」といいうボノのメッセージとともに「Where the Streets Have No Name」「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」「With or Without You」と曲順通りに演奏し、アルバムの世界観を描き出していく。



■巨大なスクリーンを駆使した映像とパフォーマンスが見事に融合



 U2にとって4作目のオリジナルアルバム『ヨシュア・トゥリー』は、ブルース、カントリー、ゴスペルなど、アメリカのルーツミュージックにもっとも接近した作品。アイルランド出身の彼らがアメリカの音楽を吸収した本作は、アメリカ、イギリスをはじめ世界各国でチャート1位を獲得し、累計2500万枚を超える大ヒットを記録した。U2を世界的ロックバンドに押し上げた作品であり、ロックの歴史に名を刻む名盤だ。この記念碑的なアルバムのすべてをリアルタイムで体感できる『ヨシュア・ツリー・ツアー』の日本公演は、全ロックファンの待望だったと言っていい。



 高さ14m、幅61mの巨大なスクリーンに映し出される映像も圧巻だった。解像度は8K。アルバム『ヨシュア・ツリー』のジャケットを撮影したアントン・コービンの手による映像は、この作品の世界観をさらに増幅させていた。スクリーン自体が光源になり、ライティングの役割を果たしていたことも今回のツアーの特徴だろう。



■他にはない“型”を持ち続けていることこそが、U2の最大の強み



 すべての中心にあるのはもちろん、4人の演奏とパフォーマンスだ。ジ・エッジ(G)による独特のカッティング奏法とディレイを駆使した音色、推進力と壮大さを兼ね備えたラリーのドラミング、骨太なラインで楽曲のボトムを支えるアダムのベースプレイ、そして、圧倒的なカリスマ性とエモーショナルな歌声でバンドを引っ張るボノの存在感。



 メンバー4人の佇まいと“U2サウンド”としか言いようがない音像は、デビューから40年以上たった現在もまったくブレていない。そう、他にはない“型”を持ち続けていることこそが、U2の最大の強みなのだ。



『ヨシュア・ツリー』の再現が終わった後も、見どころは満載だった。アンコール1曲目の「Elavaiton」はU2の公式Facebookで生配信。スクリーンに「U2× RADIO」の文字が映し出され、北米のラジオ局「SiriusXM」とU2とのパートナーシップによるラジオのローンチが発表された。80年代から最新のメディアを使った発信を続けてきた彼らの新たなアクションには大きな注目が集まりそうだ。



■U2らしい社会的、政治的なメッセージ、懐古的なムードは皆無



 また、U2らしい社会的、政治的なメッセージも。「Ultra Violet (Light My Way)」では、貧困救助のための非営利団体[ONE キャンペーン]の活動の“Poverty Is Sexist Campaign”の一環として、さまざまな分野で活躍する女性を写真と共に紹介。グレタ・トゥーンベリ、エマ・ゴンザレスなどの若い活動家や、日本人のオノ・ヨーコ、草間彌生、川久保玲、さらに「#KuToo」キャンペーンを立ち上げた石川優実、ジャーナリストの伊藤詩織などがスクリーンに映し出された。



 アンコールでも「Beautiful Day」「One」などの代表曲を惜しげもなく披露したU2。『ヨシュア・ツリー』の再現ツアー、ヒット曲も満載の内容でありながら、懐古的なムードは皆無。最新のテクノロジーと臨場感に溢れたステージングを軸にした、最新のU2を堪能できた2時間半だった。



■12月4日・さいたまスーパーアリーナ公演セットリスト

Sunday Bloody Sunday

I Will Follow

New Year's Day

Bad

Pride

Where the Streets Have No Name

I Still Haven't Found What I'm Looking For

With or Without You

Bullet the Blue Sky

Running to Stand Still

Red Hill Mining Town

In God's Country

Trip Through Your Wires

One Tree Hill

Exit

Mothers of the Disappeared

Angel of Harlem

Elevation

Vertigo

Even Better Than the Real Thing

Every Breaking Wave

Beautiful Day

Ultra Violet

Love is Bigger Than Anything in its Way

One
カテゴリ