『ARGONAVIS』橋本祥平「命かけられるくらい大好き」 新バンドのキャストも発表

『ARGONAVIS』橋本祥平「命かけられるくらい大好き」 新バンドのキャストも発表

 ブシロードが手がけるボーイズバンドプロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!(アルゴナビス フロム バンドリ!)」が5日、都内で2nd LIVE『VOICE -星空の下の約束-』を開催。2020年春から放送予定のテレビアニメのOPテーマでUNISON SQUARE GARDENの田淵智也が作詞・作曲をした「星がはじまる」も初披露され、会場に集まったファンたちの心をつかんだ。



【写真】ライブでお披露目になったGYROAXIAのメンバー



 さまざまなメディアミックスを展開する『BanG Dream!』発のボーイズバンドプロジェクト『ARGONAVIS』。北海道函館市を拠点とした大学生ボーイズバンド『Argonavis』はVo.七星蓮(CV.伊藤昌弘)、Gt.五稜結人(CV.日向大輔)、Ba.的場航海(CV.前田誠二)、Key.桔梗凛生(CV.森嶋秀太)、Dr.白石万浬(CV.橋本祥平)によるボーイズバンド。キャラクターを演じる声優自身も『Argonavis』として生演奏のライブを中心に精力的に活動中。



 「星がはじまる」の楽曲担当が田淵と発表されたとき、会場はこの日一番の盛り上がりに。歌い終わった伊藤は「うれしい!」と笑み。最後のあいさつでは「来年も活動できると思うと本当にうれしいです。好きで良かったよ思ってもらえるプロジェクトにしていきたいと思います」とファンに感謝を伝えた。橋本は「最高でしたという言葉しか出てこない。本当に楽しくて、バンドのためなら命をかけられるくらい大好きです」と話していた。



 また、11月に発表されていた新バンド「GYROAXIA(ジャイロアクシア)」のキャストも解禁。先行して明かされたボーカル・旭那由多役の小笠原仁のほか、ギター・美園礼音を真野拓実、里塚賢汰を橋本真一、ベース・曙涼を秋谷啓斗、ドラム・界川深幸を宮内告典が担当することも発表になった。
カテゴリ