フィギュアGPファイナル、ここが見どころ【男子シングル編】~松岡修造氏に聞く~

フィギュアGPファイナル、ここが見どころ【男子シングル編】~松岡修造氏に聞く~

 12月5日~8日。フィギュアスケートの3大大会の一つ、「グランプリファイナル」(以下、GPファイナル)がイタリア・トリノで開催される。10月から6ヶ国を転戦したグランプリシリーズ(以下、GPシリーズ)の成績上位6人による頂上決戦。日本からは男子シングルスに羽生結弦(24)、女子シングルスに紀平梨花(17)が出場する。2006年冬季オリンピックで荒川静香が金メダルに輝いた会場で、世界一の頂点に立つのは誰か。テレビ朝日の番組メインキャスター・松岡修造氏に、見どころなどを聞いた。



【写真】2015年のGPファイナルで号泣した羽生選手



 男子は、今シーズン初対決となる羽生とアメリカのネイサン・チェン(20)が一騎打ちの様相を呈している。羽生は、カナダ大会のショートで自身の持つ世界最高得点まで約1点差に迫る高得点で首位発進し、フリーも圧倒的な演技でトータル322.59点と今季世界最高得点で優勝。2戦目の日本大会でも4回転ループを着氷させ、300点を超える得点で圧勝した。3シーズンぶり、男女シングルでは史上初となる5度目のGPファイナル制覇を狙う。



 一方、ネイサンは、昨シーズンのGPファイナル優勝(羽生はけがのため欠場)、世界選手権金メダル(羽生は銀メダル)を含め、平昌オリンピック後に出場した大会で全戦全勝という圧倒的な強さを見せている。今シーズンのGPシリーズではアメリカ大会とフランス大会に出場し、ともに300点近い得点で優勝。無敗記録を継続させ、GPファイナル進出を決めた。



 頭一つ抜け出た2人に挑むのは、4回転ジャンプの最高難度“4回転ルッツ”を武器とする中国の金博洋(22)、ロシアのサマリン(21)とアリエフ(20)、そしてフランスのエイモズ(22)。



■羽生結弦vsネイサン・チェン、やっとお互いがいい状態で勝負できる



――GPシリーズ6戦の結果をみて、どう思われますか?



【松岡】何が起こるか分からないのがスポーツではありますが、今回のGPファイナルに関しては、羽生さんとネイサン・チェンさんの一騎打ちになることは間違いないと思います。今シーズンの直接対決はGPファイナルが初めてになりますが、GPシリーズ中も羽生さんはチェンさんを、チェンさんは羽生さんを意識しているのが伝わってきましたね。日本大会の試合後に羽生さんが「ネイサン・チェン選手にGPファイナルを連覇されてしまっているので、そこを奪還したい思いが強くある」と言ってましたが、本当にそのためにGPシリーズを戦っていました。



 この2人の勝負というのは、試合中のショートとフリーの演技時間だけではありません。それまでの練習や会見など、全部が含まれているので、今回の勝負が今までで一番面白くなるのではないでしょうか? 羽生さんはけがをして、チェンさんと本当の勝負が一回もできていない。やっとお互いがいい状態で勝負できるんです。オリンピック2大会連続金メダルのプライドというのもあるでしょうし、羽生さんはその自信を崩したくないと思いますね。「とりあえず優勝したい。結果とは本当に大事なものだと思っている」というコメントにもその思いが表れていると思います。



■羽生結弦の魅力は「強さも弱さもある人間らしさ」



――GPファイナルの見どころは?



【松岡】チェンさんは、5種類の4回転ジャンプを史上初めて成功させた世界屈指の“4回転ジャンパー”だけあって、切り札が多い。一戦一戦、その時の自分の状態、対戦相手によって戦い方を変えてくる。しかも、すべての切り札に安定感がある。



 対する羽生さんは、カナダ大会の時、いままでにないくらい落ち着いた雰囲気でした。どちらかというと彼は闘志をメラメラさせた感覚をすごく大事にしてきた選手だと思うので、終わってから僕に「こんなんでいいんでしょうか?」って聞いてきたくらい、本人にとっても意外な心理状態でした。その中でも素晴らしい演技で、高得点を出すことができた。こういう自分でもいいんだ、というのに気づけたと思うんです。



 逆に、日本大会の時は、メラメラした羽生さんでした。フリーで4回転が2回転になってしまうミスも出ましたが、その後、見事にリカバーできた。落ち着いた羽生さんとメラメラした羽生さん、どちらがいいかはわかりませんが、現地トリノで自然と生まれてくる感覚を大事にしたいとおっしゃっていましたね。チェンさんと対戦するという状況でどういう感覚になるのか、そこが勝負になるのではないでしょうか。



――松岡さんが思う羽生選手の魅力とは?



【松岡】見た目もかっこいいですし、演技もすばらしいですし、オリンピックで2大会連続金メダルですから、注目を集めて当然なんですが、僕が思う羽生さんの魅力は、強さも弱さもある人間らしさですね。



 ネイサン・チェンさんは、平昌オリンピックこそメダルを逃しましたが、それ以外ではものすごく安定して強い。GPファイナルでもきっと彼はいい演技をするでしょう。でも羽生さんは、またけがをしてしまうんじゃないだろうか、という不安がよぎる。そんな中でも羽生さんは強い意志で頑張り通して、結果を出す。まさに人が応援したくなる魅力だと思います。



 中国人選手と衝突して負傷した事故のあと、何度もフラッシュバックして、恐くてしばらく振り向いてジャンプができなかったっておっしゃってましたが、そういうものに一つひとつ打ち勝って、今の演技があるというストーリーが羽生さんを見ているだけで伝わってくる。チャレンジすること、前に進む勇気を持つこと、まずは自分に勝つということ、そういうメッセージを彼のスケートから感じるんですね。そこが羽生結弦の一番の魅力だと思います。



■放送情報

テレビ朝日系で放送

12月6日(金)後8:00〜 男子ショート

12月7日(土)後7:54〜 女子ショート・男子フリー

12月8日(日)後9:00〜 女子フリー・エキシビション
カテゴリ