『ワケあって火星に住みました』ドラマ版キャスト発表・第一弾

『ワケあって火星に住みました』ドラマ版キャスト発表・第一弾

 WOWOWオリジナルドラマと舞台が連動したプロジェクト『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』(1月24日スタート、毎週金曜 深0:00、全6話※第1話のみ無料放送)のドラマ版各話主役と全話共通キャスト、あらすじが解禁された。



【写真】舞台版のエラバレシ4ニン(メインキャスト)



 同ドラマの脚本と、舞台の演出・脚本を手がけるのは、さまざまなヒット番組を生み出してきた放送作家の鈴木おさむ氏。WOWOWがオリジナルドラマと舞台の連動企画を手掛けるのは、同プロジェクトが初となる。



 実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着想を得た、火星を舞台にしたシチュエーションコメディー。物語の舞台となるのは、2030年。世界中が火星移住計画を実行していく中、ようやく日本でも、航空宇宙センターWASAが火星移住計画に乗り出した。



 一度火星に送られたら二度と地球には戻れない片道切符の計画にも関わらず、数千人に及ぶ応募者の中から選考試験を重ね、最終的に選ばれたのは性別、年齢、職業もさまざまな24人。彼らは、6つのラボに4人ずつ分けられて火星での共同生活に挑むことになる。人類の未来を託される彼らは、一体どのような人々で、チーム編成はどのような組み合わせが最もふさわしいのか。



 毎週出演者が異なるオムニバス形式で放送されるドラマ版の各話主役キャストには、仲村トオル(第1話)、要潤(第2話)、広末涼子(第3話)、矢本悠馬(第4話)、斎藤工(第5話)、三浦翔平(第6話)が決定。“ワケあって”火星での共同生活に挑むクルーを演じる。



 彼らは火星に建設されたラボと呼ばれる密室に4人1組×6チームで振り分けられ、チームで与えられたミッションをこなしながら共同生活を送ることになる。しかし、火星という壮大なスケールをよそに、それぞれの密室で巻き起こるのは、宇宙一スケールの小さな小競り合いの数々…。火星移住計画にふさわしいのは、一体どんな人々が寄せ集められたチームなのか? そして、それぞれが抱える“火星に住むことになったワケ”とは? 彼らと共同生活を送る各話のそのほかのキャストは、今後発表される。



 さらに、彼らを火星に送り込む航空宇宙センターWASAの部長・坂本役に高橋克実、その秘書・品田役に八嶋智人が決定。火星での共同生活をモニタリングし、クルーたちに指示を与えていく役どころだ。



 また、舞台版キャストでもあり、すでにドラマ版への出演が発表されていた崎山つばさは第1話に、須賀健太は第2話に出演することが決定した。
カテゴリ