小林清志、48年間担当の次元大介は「もう少しやらせてもらいたい」 井上真樹夫さんを追悼

小林清志、48年間担当の次元大介は「もう少しやらせてもらいたい」 井上真樹夫さんを追悼

 声優の小林清志(86)が6日、都内で行われた3DCGアニメーション作品『ルパン三世 THE FIRST』の初日舞台あいさつに登壇。11月29日に持病の狭心症悪化のため81歳で亡くなった二代目・石川五ェ門役の井上真樹夫(いのうえ・まきお)さんに向けて「斬鉄剣も泣いている。どうか安らかに眠ることを希望しています」と言葉を送った。



【写真】優しい一面…小林清志の手を引き登壇する浪川大輔



 48年間、次元大介の声を担当している小林は「これからも、もう少しやらせてもらいたい」と言うと、会場のルパンファンたちも大きな拍手。「だけど、もうすぐ逝っちゃうから安心して。そんなに長いことじゃあないよ」と冗談まじりで語っていた。



 ルパン役の栗田貫一(61)は「真樹夫さんにかわいがっていただいて、今があるのは間違いない話です」としのび、現在・石川五ェ門の声を担当している浪川大輔(43)は「なるべく、五ェ門のイメージを崩さないように演じさせていただいております。引き継いで8年が経っていますけど、いまだに緊張しますし、先代を追っている感じですね」と今なお憧れの存在であることを話していた。



 この日は、沢城みゆき(34)、山寺宏一(58)、広瀬すず(21)、吉田鋼太郎(60)、藤原竜也(37)、山崎貴監督(55)も登壇した。



 1967年に『漫画アクション』にて連載がスタートし、1971年にはテレビアニメ化され、誕生から50年以上経った今でも映画・ゲーム・スピンオフなどさまざまなメディアで老若男女問わず絶大な人気を誇る『ルパン三世』。



 今作は『ルパン三世』史上初となる3DCGアニメーションとなり、今年4月に亡くなった原作者モンキー・パンチさんの悲願でもあった“フル3DCGによるルパン一味”として誕生する。
カテゴリ