市川海老蔵、愛娘の“誕プレ”に笑顔「手編みのマフラー。宝物にします」

市川海老蔵、愛娘の“誕プレ”に笑顔「手編みのマフラー。宝物にします」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が6日、都内で行われた新橋演舞場1月公演『初春歌舞伎公演』(来年1月3日~24日上演)の記者会見に出席した。同日に誕生日を迎えた海老蔵にサプライズで特製ケーキが登場。「変な汗をかいちゃったよ」と照れ笑いを浮かべながら、同席した長女・堀越麗禾(8)から誕生日プレゼントを受け取ったことを明かした。



【写真】 特製ケーキも登場!市川海老蔵の誕生日をサプライズでお祝い



 「手編みのマフラーをもらいました。宝物にします」と海老蔵が語り、麗禾が「喜んでもらえるかな~」とほほ笑みかけると「喜んだよ。一番、うれしかった」と目を細めた。長男・堀越勸玄(6)もプレゼントについて「教えない、秘密! このあとのお誕生日会で渡すね!」と声を弾ませるなど、仲睦まじい雰囲気で場を和ませていた。



 本公演で海老蔵が4演目に出演し、『め組みの喧嘩』は二度目、他3演目は初役となる。来年は、5月に海老蔵が「十三代目市川團十郎白猿」を襲名、息子・勸玄が「八代目市川新之助」を名乗り初舞台を行う。成田屋の記念すべき年の始まりを海老蔵、市川ぼたん(麗禾)、勸玄の親子共演で飾る。



 昼の部では、秋元康氏(61)が手掛ける新作歌舞伎『NINJA KABUKI 雪蛍恋乃滝』が上演される。海老蔵は、「内容はまだ話していいか分からないので、差し控えようかと。ただ、『ロミオとジュリエット』のような要素が入った作品になるようです」と話していた。
カテゴリ