“フェチモデル”の挑発的な衣装に、腰ひもがポイントのメイド服も「峰不二子目指して筋トレ」

“フェチモデル”の挑発的な衣装に、腰ひもがポイントのメイド服も「峰不二子目指して筋トレ」

 先ごろ、秋葉原で開催された『サンクプロジェクト29×ソフマップ コスプレ大撮影会』。前回は台風の影響で中止となっていたため、コスプレモデル、カメラマンともに待ちに待ったイベントとなった。



【写真】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女たちの大胆衣装にドキッ



 黒を基調とした挑発的な衣装に、ハードなマスクが印象的だったのが、I am I m(あいあむあいむ)さん。裁判官という強い女性をイメージしたそうで、「元々、敵方のカッコイイ姫キャラとかに憧れていたタイプで。これはマスクフェチという異色ジャンルなので、ぜひマスクにも注目してほしいです。ちなみに、普段はフェチモデルしてます」。



 ヒップからくびれにかけて見事なSラインを披露してくれたのがUlalaさん。コスプレ歴は1年弱というが、週2でジムに通い、パーソナルトレーニングに励んでいるんだとか。「筋トレは特にここって決めずにバランス良く。トレーニングすることでスタイルも良くなるしセクシーさも増すと思うんで」と、Ulalaさん。「将来的にはプロデュース業をしたい!」と語る彼女の理想は『ルパン三世』の峰不二子。「あんな大人っぽい女性になれたらなぁ。いつかコスプレに挑戦してみたいです」とのこと。



 メイドチックな下着コスが目を惹いたのは、白石唯さん。「働いているコンセプトカフェのメイド服に似たイメージでチョイスしました」。メイド服とリボンが大好きというだけあって、そのこだわりも強いよう。「肩のレースがカワイイし、腰のひももちょっとセクシーという、大好きな1着です」。コスプレの魅力を聞くと、「好きなキャラを演じることで、よりそのキャラへの愛情が増す」と話してくれた。
カテゴリ