あの子ばかり…なぜ?周囲を惹きつける魔性の女の特徴

あの子ばかり…なぜ?周囲を惹きつける魔性の女の特徴

「とにかく美人」「色気がある」「お金がかかる」など、魔性の女にはいろんなイメージがありますよね。


しかし実際のところ、魔性の女は一見ごく普通の女子であることも。


「狙った男は必ず落とす」「彼氏がいるけど取り巻きの男もいっぱいいる」「彼氏が途切れない」


なぜか周囲を惹きつける彼女たちにはどんな特徴があるのでしょうか。



人たらし


「仕事ではちょっと近寄りがたいのに、飲み会をするとみんなが彼女を好きになる。あれってなんでですかね」(24歳・女性)


職場など、オフィシャルな場面ではわかりにくいものの、プライベートな距離に入った瞬間に相手を魅了してしまう女子は、

いつの間にか人の心をつかむ「人たらし」の素養があります。


彼女たちは好きなことを好きにしゃべっているようで、実は頭の回転が速く、状況判断がうまいんです。


ただゆるいだけじゃないチャーミングさは、魔性の女の基本です。


赤ちゃんのよう


「彼女が困っていると誰かが声をかけ、機嫌が悪いと誰かが機嫌を取る。

みんながちょっとずつ彼女を気にしてて、かまってしまう」(29歳・男性)


魔性の女というと、「セクシーで大人っぽい、謎めいた女」をイメージする人も多いはず。


でも、実際にはまるで赤ちゃんのように周囲が放っておけないタイプも多いんです。


特に周囲に愛想よくふるまうわけでもないのに「これ好きだったよね」と一人だけお土産をもらっていたりすることも。


それを素直に喜び、自然に受け取ることでまた甘やかされるスパイラルに乗っています。人たらしと呼ばれる理由もここにあるのかも。


つるまない


「人たらしなわりに一匹狼」(25歳・男性)


ちやほやされていても、魔性の女はグループ行動はほぼしません。常に女子グループで行動していると人間関係が荒れたり、忖度しなくてはいけない場面も。


単独行動は時々心細いこともありますが、その分自由で自分の意志だけで行動できることも多いもの。


基本は自分で判断して動くのが魔性の女の特徴です。また単独行動の女子には、男性が声をかけやすいという特徴も。


モテの第一歩につながる要素でもあります。


思わせぶり


思わせぶり


「人をじっと見て話したり、会話に微妙な間があったりする女子は、同性でも気になってドキドキしてしまいます」(28歳・女性)


魔性の女の一番の特徴は、やはり「思わせぶり」な一面でしょう。ただ愛想がいいというよりは、人を見つめるクセや、会話のテンポに独特のスキが漂います。


「もしかして好かれているのかも?」と男性が勘違いしてしまう微妙な空気を、自在に出したり隠したりできる上級者が多いようです。


美人、というかルックスに癖がない


「すごく美人かといわれれば違うと思うけど、とりあえず無難に整ってて、個性派過ぎない」(26歳・女性)


魔性の女のビジュアルは「奇抜じゃない」「いい意味でスタンダードな感じ」という声をよく聞きます。


見るからに手ごわそうな感じではなく、自分の隣を歩くところが男性にも想像しやすく、どこかかわいらしさも感じさせるのが特徴のようです。


つい引き込まれがちな内面を持っているだけに、見た目はむしろ個性に走らないほうがいいのかも。


小さなモテ要素がいっぱい


ひとつひとつは大したことのない話でも、これを掛け合わせると魔性の女に。彼女たちがレアなのは「見た目が普通で」「清潔感があり」「気配りができる」など、


普通の条件をいくつも掛け合わせた男性がなかなかいないのと同じ理屈です。


取り入れられるところからマネをしていくと、モテ度がアップするかもしれません。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ