元芸人のマネージャー明かす“サンドの素顔” 解散危機や震災報道を変えた一言とは

元芸人のマネージャー明かす“サンドの素顔” 解散危機や震災報道を変えた一言とは

 “好感度No.1芸人”として今年も多方面で大活躍だったサンドウィッチマン。長い下積み時代を経て、2007年の『M-1グランプリ』優勝をきっかけにブレイク。現在、18本ものレギュラー番組を抱え多忙を極めている。そんな2人を『M-1』優勝直後からずっとそばで支えてきたのが、マネージャーの林 信亨氏。実は元芸人で、若き頃は彼らと同じ舞台に立っていた。古くからサンドウィッチマンを知る林氏に、芸人視点、そしてマネージャー視点から2人のブレイクの秘訣を聞くと、彼らのさらなる魅力が見えてきた。



【地元愛が深い芸能人ランキング】群馬のスター、滋賀歌うアーティスト、藤沢愛するジャニーズも



■“サンドの為なら”と芸人からマネージャー転身「ただただ2人の成長がうれしかった」



――サンドウィッチマンのお2人とは長い付き合いなのですね。



【林 信亨】デビュー当時から知っています。僕は23歳で東京に出てきて、10年ほど芸人をやっていました。最初の相方はじゅんいちダビッドソンで、サンドウィッチマン(以下、サンド)と同じステージにも出ていました。僕が芸人を辞めて仕事で名古屋に転勤になった時には、高速バス乗り場までサンドの2人が見送りに来てくれました。それくらい仲も良くて、付き合いで言うと約20年になります。



――では友人関係からマネージャーに?



【林 信亨】そうですね。ちょうどバス乗り場まで見送りに来てくれた半年後に『M-1』で優勝したんです。それから一気に忙しくなった。急な展開で人手不足にもなり、事務所から「一緒にやりませんか」と声を掛けられました。



――元々芸人さんで、いきなり裏方をやることに葛藤はなかったですか。



【林 信亨】正直、未練や嫉妬の気持ちを持ってしまうのではとも思いました。でもそれよりも「このまま彼らを一過性のタレントにはしたくない」そんな気持ちの方が強かった。昔から2人の人間性が大好きで、“彼らの為なら親身になれる”と思ったんですよね。



――実際マネージャーをやってみて、いかがでしたか。



【林 信亨】それが心配していた葛藤は全然なくて、純粋に2人の成長がうれしかったですね。憧れていた笑いの天才たちに2人が織り込まれていって、僕が切り開けなかったただただすごい世界を見させてもらって感謝しています。



■一度は解散も決意していた下積み時代、それでも仲間のブレイクは心から祝福していた



 これまで一度も喧嘩をしたことがなく、コンビ仲の良さでも知られるサンドウィッチマンだが、実は彼らにも解散の危機があった。2人が29歳の年、富澤は会社を辞めさせてまで伊達を芸人の道に誘った自分を強く責め、解散の話を持ち掛けたのだ。しかし伊達は「まだ解散するまでの挑戦を俺たちはしていないんじゃないか」と引き留め、解散は免れたという。



 そして翌年2005年を勝負の年と決め、この年テレビでネタができなかったら辞めることを決意。すると、念願の『エンタの神様』(日本テレビ系)初出演が決まったのだ。2年後にはM-1優勝。その日だけで約20本ものテレビ出演が決まった。



――「勝負の年」と決めた途端にテレビ出演が決まるだなんてドラマチックですよね。



【林 信亨】そうですね。彼らのブレイクのきっかけは、もちろん『M-1』も大きかったですが、僕はやはりこの時の『エンタの神様』がターニングポイントだったと思います。伊達が最近言うのは「面白かったのに売れなかったのは僕のせいだ」と。2人は昔から面白かったんですが、ツッコミの技術が追いついていなかったんです。『エンタ』に初めて出演してから、ネタの作り方ががらっと変わりました。無駄なセリフが一切なく、途中から見ても面白い。テレビに適したネタに変わったんですよね。『M-1』で優勝できたのも『エンタ』での経験がかなり大きかったと思います。



――本当に解散しなくて良かったですね。



【林 信亨】あの時「仙台に帰ります」と言われて、「辞めるのか、寂しいなぁ」と思ったのを覚えています。芸人は先の見えない道を走ってる。売れない芸人は真面目であればあるほど考え込んでしまうんですよね。伊達をお笑いの世界に誘った富澤も、自分自身に相当責任を感じていたようです。



――同期や後輩が次々と売れていく中で、焦りもあったのでしょうか。



【林 信亨】いや、それが彼らは「良かったね!おめでとう!」と心から言うんです。当時僕なんかは、そんなことは1ミリも思いませんでしたよ(笑)。だから直接2人に「なんであんなに喜ぶんですか?」と聞いたら「だって仲間が売れるって心底嬉しいじゃないですか」と。そう言われて「まじか!」と本当に驚きました。焦りがある中でも、そうやって他の芸人さんの成功をお祝いできる彼らの人間性には本当に感心しました。



■「1年目よりも10年目」林氏のマネージャーとしての先見の明が今日の活躍に



――『M-1』優勝後も爆発的にブレイクしたというよりは、今日までじわじわと人気を伸ばしてきていますよね。



【林 信亨】『M-1』で優勝した翌年はオファーがたくさんきて、ゴールデン番組からもたくさん声をかけてもらいました。憧れの番組ですからどんどん出たい、出してあげたい気持ちはありましたが、僕の中では無理をさせたくない気持ちもあった。ゴールデンのお笑い番組は凄い世界ですから、徐々に慣れていかないとダメだと。その時思っていたのが、”『M-1』優勝後の1年目よりも10年目の方が忙しくなるようにしよう、目先のものを取りにいかないようにしよう”と。スケジュール管理は完全に任せてもらっていたので、色んなでかい仕事を断っていたと2人が聞いたら多分びっくりすると思います(笑)



――その後、全国放送で初のレギュラーとなったのが『バイキング』(フジテレビ系)。コント芸人として定評があった中、ロケでも実力を発揮することが全国に知れ渡りましたよね。



【林 信亨】そうですね。『バイキング』での“地引網コーナー”の反響がすごく大きくて、そこからさらに幅が広がって、2度目の大きなターニングポイントになったと思います。『M-1』で優勝する前から大事にしてきた仙台のレギュラー番組が素人とがっつり絡むロケ番組だったので、そこでの経験が“地引網コーナー”にも間違いなく繋がっていましたね。



■震災後はお笑いを続けることに葛藤も… 彼らにしか言えない言葉が報道を変えた



――それから多忙を極めるようになった今でも、地元での活動を欠かさず続けていらっしゃいますよね。



【林 信亨】月に2回東北でのレギュラーは今でも続けていて、そのうち1回は被災地に必ず行きます。状況を把握して、東京で発信する。震災直後は、東北にいなくていいのか、東京で仕事をしていてもいいのか、という色んな葛藤が彼らにありました。でも、被災地の状況を知っているのは2人だけで、彼らも被災者だった。その状況をテレビで発信する役目があるんじゃないかと思いました。瓦礫を片付けるのも大事だけど、影響力のある2人がテレビで発信して呼びかけて、お金を集めたり、手伝ってもらったりする仕事は彼らにしかできない。東北は彼らのルーツなので、忙しくなっても最後までやるのは宮城の仕事だと思います。宮城の人たちが応援してくれている、その恩返しですよね。



――大々的に支援活動をすることで、お笑いに支障が出るという危惧はありましたか。



【林 信亨】サンドを見ると震災を思い出して笑えなくなる、番組側が彼らを芸人として使いにくくなる、という不安も全くなかったわけではありませんが、“そんなことで使わなくなる仕事なんていらない”と思っていました。



――地元の復興に全力で向き合い、開設した『東北魂義援金』の寄付額は4億円を超えています。実際にその姿も多くの人に応援されていると思います。



【林 信亨】すごく印象に残っているのが、震災当時、避難所の映像にはモザイクがかけられていたんです。でも2人が避難所を訪問した時「モザイクはいらないですよ、見た人の安否確認になるのでみんな撮ってほしくないと思っていないです」と言ったんですね。そしたら、それから各局がモザイクをはずした。確かにプライバシーの保護というのもありますが「そんな場合じゃない。顔を映してくれ、家族が見ているから」と。それは被災した彼らにしか言えない言葉です。あの時、改めて2人はすごい力を持っているんだと感じました。



■マネージャー・友人を超越した“家族”という存在「これからも共に恩返ししていきたい」



――その地元でのローカル含め、レギュラー番組は18本となり環境も大きく変わったと思いますが、お2人の変化は感じますか。



【林 信亨】変化で言うと、出会った頃とあまり変わっていないんです。伊達から「天狗になっていたら言ってくださいね」と言われています(笑)昔から2人は仲が良いですし、“人間性の良さ”と“正直さ”、それはずっと変わっていません。その2つを持っている2人が、たまたまこの時代、このタイミングにフィットしたから、多くの方に支持されているんだと思います。



――これまでの道のりを振り返り、改めて林さんにとってサンドウィッチマンのお2人はどんな存在ですか。



【林 信亨】もう“家族”のような存在ですね。友人からマネージャーになって、『M-1』で優勝した1年目より10年目の方が忙しくなるように、この11年頑張ってきました。今、たくさんの人に必要とされる存在になっているのは本当に嬉しいです。応援してくれる人がいるなら、できるだけ恩返しできるように、応えられるように、これからもしっかり支えていきたいと思います。





 スケジュールが忙しくなればなるほど、家族よりも長い時間を共に過ごすマネージャー。「2人のためなら頑張れる。2人のために頑張りたい」林氏の言葉から、伊達、富澤への愛情がひしひしと伝わってきた。

 サンド初代マネージャーの岩橋貴子氏からも「売れる前から“家族”のように一緒にいた」と同じフレーズが返ってきた。岩橋氏にも、デビュー当時から現在の2人の変化を聞いてみると、「ブレイク後はお互い忙しく、なかなか会えなくなったことくらいです。すごくさみしいですし、本当に体が心配です。もう少しハードすぎない毎日でありつつも、活躍し続けてくれるといいなと思います」とまさに家族のような心のこもったコメントを頂いた。



 タレントと事務所の問題が度々話題となった2019年。本当の“家族”のように親身になってサポートしてくれる存在がいる。その大切さを一番感じているのは、サンドウィッチマンの2人かもしれない。





(取材・文 山本圭介)
カテゴリ