「緊張してます…」草食系男子が好きな人の前でとりがちな行動4つ

「緊張してます…」草食系男子が好きな人の前でとりがちな行動4つ

草食系男子と聞くと、シャイであまり女性にガツガツしていないイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。


そんな人が女性に対して見せる脈アリサインは分かりにくいもの。


しかし、分かりにくいからといって全く好意を出さないというわけではありません。


そこで今回は、草食系男子が好きな人の前で見せる行動をご紹介します。



友達を利用して近づいてくる


「好きな人ができたり、気になっている人と仲良くなりたいなと思ったら、とりあえず友達に協力してもらいます。『あの人紹介して』とか遊ぶときに『あの子誘ってよ』とかお願いしちゃいます」(Kさん・24歳男性)


あまりガツガツしていない草食系男子。


だからこそ、自分から堂々とアプローチをかけることには慣れていません。


そのため、友達を使って近づいてくることがよくあります。


「来週の日曜は暇?飲みにいかない?」と誘われたら、それはその人からのお誘いではなく、その友達からのお誘いかもしれませんよ。


好きな人を目の前にするとぎこちなくなる


「好きな人を目の前にすると、どんなことを話しかけていいか分からなくなるので、口数が減ったり相手の表情ばかりを伺って、上手く話せないことが多いです。どうにかしたいと思うんですけどね」(Wさん・27歳男性)


好きな人を目の前にするとぎこちなくなってしまうのも、恋愛慣れしていない草食系男子にありがちな行動。


しかし、2人きりになると、普通に話せるようになったり、少し積極的になったりすることもあるのが特徴的。


人の目があるからこそ、緊張してしまうことってありますよね。


目が合うととっさにそらす


「目が合うととっさにそらしちゃいます。好きな人ってついつい見ちゃうじゃないですか。で、向こうが振り向いたときに目があって『やべっ』ってそらす。でも、相手にバレバレですよね」(Kさん・25歳男性)


好きな人をつい目で追ってしまうことが誰にでもあるでしょう。


しかし、声をかけづらいために遠くから見ているだけなのが草食系男子の特徴。


「最近よく目があいますね」と女性の方から話しかけてみると、いいきっかけになるかもしれません。


その場合「最近私のことよく見てませんか?」と直球をぶつけるのは、辞めておいたほうがいいでしょう。


LINEだと明るい


LINEだと明るい


「面と向かって話すと緊張するし、何を話していいかわからないんですけど、LINEだと自分で送るペースを考えられるから、気負わずにやり取りができます。だからよく、『LINEだと印象違うね』って言われたりします」(Rさん・26歳男性)


面と向かって話すとぎこちなかったり、おどおどしてしまったりする人が、LINEだと急に明るくなったり、冗談を言ってきたりした場合は好意がある証拠かも。


相手の顔を見ていないからこそ、素の自分を出せるってことはあるはず。


徐々に相手と仲良くなってくると、LINEで受ける印象がその人の正しい印象だったことに気づくかもしれませんよ。


女性の方から少しだけ隙きを見せるのがテク


今回は草食系男子が好きな人の前で見せる行動についてご紹介しました。


恋愛慣れしていなかったり、堂々と女性を誘えないか草食系男子は、少し変化球を使って女性にアプローチをかけてくることがあります。


そこにいち早く気づいて、少しだけ隙を見せてあげると男性も誘いやすいもの。是非参考にしてみてください。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ