その気がなくても一発逆転!「脈なし」の男性を落とした秘訣とは

その気がなくても一発逆転!「脈なし」の男性を落とした秘訣とは

気になる彼がどうも「脈なし」くさいと、アプローチをやめたくなってしまいますよね……。


でも!あきらめるのはまだ早いかもしれません。方法によっては、まだ付き合えるチャンスはあるんです。


今回は「脈なしだった彼と付き合えた方法」についてご紹介。あなたにも、きっと活かせる方法があるはずです!



1.思い切って告白した


「彼女がいるから脈なしだと思っていた彼。だけど諦めきれず、思い切って告白したんです。でも当然返事はNO……。

それでも友達関係を続けていたのですが、ある日彼が彼女と別れて。

その後デートに誘われるようになり、無事お付き合いできました」(29歳/営業事務)


何度も言われてきていることですが、恋愛で重要なのは「タイミング」です。


「彼女と別れたから私のところに来たの?」と思う人もいるでしょうが、浮気しているわけでもないですし、何ら問題ありません。


ここで彼女がいるのに、あなたをキープする男なら考えものですが……。


告白の返事によって、彼の性格を知るきっかけにもなります。


「彼女がいるのに告白は迷惑じゃないか」という人もいますが、1回くらいなら特に問題ないはず。脈なしを変えたいなら、まずは思いをぶつけてみては?


2.弱っているときに支えになった


「彼が仕事で悩んでいたときに、ずっと話を聞いていたんです。

そしたら『こんなに優しくしてくれるの◯◯だけだわ……ありがとう』と言ってくれて、そこから連絡もひんぱんに取るように……

付き合うまで、そんなに時間はかかりませんでした」(27歳/販売)


弱っているときに気遣ってもらえると、相手の見方が変わります。


「恋人としてはないな」と思っていたとしても、「俺のこと心配してくれて優しいな」に変化するのは、不思議ではありません。


ただし彼が元気になってから時間が空いてしまうと、そのままほかの女子へ行ってしまう可能性もあります。彼が回復したら、なる早でデートする、もしくは告白するなどの行動に出ましょう。


3.何年ぶりかに連絡


3.何年ぶりかに連絡


「ずっと先輩が好きだったのですが、LINEの返信もそっけないし、これはムリだなと。

1度は諦めようと他の人と付き合ったりもしたのですが、やっぱり忘れられなくて……。


まだ独身なのも知っていたので、1年後に思い切ってLINEを送ったら『久しぶり!』と意外と反応が良かった。

チャンスだと思い、食事に行ったらいい感じになり、付き合うことになりました」(28歳/広告)


片思いしている彼に、年単位で連絡できないのって苦しいですが……。


でも脈なしってことは、悲しいですが、彼から“重い”とか“好きじゃない”とか、なんらかの理由で思われている可能性大なんですよね。


それなのに何度もしつこくするのって逆効果。どんどん悪い方向へ進み、ブロックされる危険も大きくなります。


一旦は彼を諦めて、ほかの恋へ行ってみる。そしてまだ彼が諦めきれないようなら、1年後にでも連絡してみる。


そしたら彼も「この子、前は面倒って思っていたけれど、そうでもないかも」と気を許しやすいもの。あれほど難しかったデートにたどり着けるかもしれませんよ。


おわりに


どれも共通しているのが、時間をかけてゆっくりアプローチしているということ。


脈なしの彼を動かしたかったら、「面倒くさい」「ウザい」と思われないよう、少しずつ近づくようにしましょう。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ