山田涼介、人混みで撮影もバレず苦笑「自分はまだまだ」

山田涼介、人混みで撮影もバレず苦笑「自分はまだまだ」

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が10日、都内で行なわれた映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年1月17日公開)完成披露メモリアルイベントに登壇した。山田は、恋人役を演じた蓮佛美沙子とデートシーンを撮影した際、「お台場いったり、人がまだいる時間で撮ったりもあったんですけど。これはさすがにバレるし、ヤバいのではと思ったら全然騒ぎにならなかった」と振り返り、蓮佛も「山田涼介いるのに誰も振り向かない!」と驚いたそう。山田は「自分はまだまだだ、と思いました…」と苦笑した。



【集合ショット】芳根京子、泉里香、蓮佛美沙子ら豪華女優陣も登場!



 同映画は、『第22回日本ホラー小説大賞』の「読者賞」を受賞した織守きょうや氏の同名の小説が原作。人々の中にある「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」から切なさや、想いが浮かび上がり、誰もが共感できる人の「記憶」をめぐるヒューマンラブストーリーが描かれる。山田は恋人の記憶を取り戻すため“記憶屋”探しをする大学生・遼一を演じた。



 一方で蓮佛が「でもそのとき、ポロッと独り言で『楽しいね』と言っていて『よかったね』と思いました」と明かすと、山田は「思わず帽子もマスクもしてなくてもこういうところ歩けるんだ、と思ってうれしくなった」と思わず笑顔に。周囲にバレなかったことに共演の佐々木蔵之介が「それは役を演じていたからじゃ?」と普通の男の子になりきっていたことを指摘すると、山田は「大学生・遼一でいたからかもしれないですね」とうなずいていた。



 また、映画の内容にちなみ“消したくない記憶”を聞かれた蓮佛は「撮影中、2人で待機していたら山田くんが突然『はとぽっぽ』を歌い出した」とお茶目な素顔を暴露。会場がわずかにざわつくなか「嘘だよ」と慌てて否定する山田。さらに蓮佛はその後山田が今度は「およげたいやきくん」を鼻歌で歌いだしてことを挙げ「なんてメルヘンな26歳なんだと」と感心すると山田は「そんなことあったかな!?」と“記憶”にないよう。共演の芳根京子から「多分、疲れてたんだと思います」と優しく労いの言葉をかけられていた。



 また、このほど同作の主題歌が中島みゆきの名曲「時代」であることが解禁。中島の楽曲が映画主題歌となるのはこれが初ということで山田は「なんて、この映画にピッタリなんだと思った。内容に歌詞がすごくリンクして、あたたかさや悲しさがこの映画の良さをより出してくれる」と感慨深げに明かしていた。



 このほか、泉里香、濱田龍臣、平川雄一朗監督が参加した。
カテゴリ