全然ノッてこない…「興味のない女子」に送るLINEの返信

全然ノッてこない…「興味のない女子」に送るLINEの返信

特に興味や関心を抱いていない女性からのLINEには、男性もあまり乗り気にはなれないはず。


もしも会話があまり盛り上がらないのであれば、興味を持たれていない可能性もあるのかも。


そこで今回は、「興味のない女子」に送るLINEの返信を紹介します。



いつも「スタンプ」ばかり


何かメッセージを送っても、いつもスタンプでばかり返信をしてくる男性は、そもそもあなたと会話をする気がないのかも。


関係性上、無視をするわけにはいかないけれど、長々と話すような気にはなれない場合には、「スタンプで済まそう」と考えたりもしやすいでしょう。


しかも、同じスタンプを連投してきたりするのなら、スタンプを探すことさえ面倒に感じている可能性もあります。


こういう状態のときに無理に話を続けようとしたりすると、さらに鬱陶しく思われることになるだけなので、ひとまず一旦は引いたほうがいいですよ。


話を「膨らませる気」がゼロ


気になる女性からのLINEであれば、男性としても少しでも長く話していたいと思うもの。


そういった様子が見られず、会話を膨らませようという雰囲気が全く感じられないのであれば、あなたにあまり興味を持っていないのかもしれません。


また、「じゃあまた」とか「ではまた」「そろそろ寝ようかな」などと、すぐに終わりの言葉を送ってくる場合も、会話を続ける気持ちはないのでしょう。


ただ、本当に疲れていたり、LINEでの長話は苦手に感じたりしている男性も多いので、実際に会って話をするときにそれなりに盛り上がるのであれば、嫌われているわけではないはずです。


「印象が悪くなること」でも平気で言う


印象が悪くなること


好きな女性に対して、自分の印象が悪くなるようなことを自ら言ったりする男性はまずいません。


「貧乏で貯金もない」とか「色んな女の子にちょっかいを出してる」なんて話を平然とするのであれば、あなたのことは友達としてしか見ていないのでしょう。


クスッと笑えるようなものではなく、過激な下ネタをバンバン言ってくる場合も、異性としては意識をしていない証。


でも、こういったケースでは、女性のほうから好意を示してみると、急に男性も意識し始めることもあるので、ときにはちょっと甘えてみたり、「○○くんと話していると楽しい」などと言ってみたりすると、いいかもしれませんよ。


「自分発信」をしない


あなたが聞いたことに答えるだけだったり、あなたの話に相づちを打つだけだったり……。


LINEでなんとなく会話はしてくれるものの、男性のほうからはほとんど何も発信してくれないのであれば、会話に乗り気ではないのかも。


ただ、女性が一方的に自分の話ばかりをすることで、男性がそういった完全な受け身状態になってしまうケースもあります。


男性が興味のありそうな話題を振ってみたり、男性の得意分野のものについて教えてもらったりして、男性が話しやすくなる状況を作ることも意識するべきですよ。


おわりに


そもそも男性は、LINEで長話をするのを苦痛に感じる人が多いです。


だからこそ、自分の気持ちばかりを先走らせて、ガンガンLINEを送りまくるのはマイナス効果になりやすいので気をつけてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ