松下奈緒主演『アライブ』追加キャスト決定 北大路欣也、中村俊介ら

松下奈緒主演『アライブ』追加キャスト決定 北大路欣也、中村俊介ら

 女優の松下奈緒が主演する来年1月9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)の追加キャストが発表され、北大路欣也、高畑淳子、田辺誠一、三浦翔平、中村俊介らが出演することがわかった。主人公で腫瘍内科医・恩田心(松下)と彼女の良き理解者となる有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)を取り巻く登場人物たちを演じる。



【写真】藤井隆、岡崎紗絵らの出演も決定



 心の義父・恩田京太郎(おんだ・きょうたろう)を演じるのは北大路。テレビドラマにおいて数々のヒット作を手がけてきたベテラン脚本家でおおらかで茶目っ気のある人物だ。北大路は役作りにおいても文筆家風に、自身としては初めて髪型をかき上げヘアにチェンジ。「内科医として、妻として、母親として、不幸を抱えながらも真っ直ぐに突き進む、松下さんの凛(りん)とした姿に憧れます」とコメントする。



 第3話から登場する謎の男・関河隆一(せきかわ・りゅういち)役には三浦。容姿、性格ともに魅力にあふれた男性。ある日突然、薫の前に現れ、何かにつけ薫に接近しようと試みる。そこには何らかの意図が隠されているようだが、関河の真意は誰にも分からない、物語に大きな影響を与えるキーパーソンとなっている。三浦は「前半はナチュラルに演じたいです。その反面、物語後半に向けての色んな伏線をはっていき、謎の男の魅力を精一杯、引き出していきたいと思っています」と意気込みを語る。



 そして心の夫・匠(たくみ)役には中村。学生時代に知り合った心と恋愛結婚の末に一人息子をもうける。温和で優しい男性で職業は小説家だが、お世辞にも売れているとは言えず、それ故、家計は心が支え、匠はもっぱら家事や育児に努めている。ある日、転倒事故に遭い緊急手術を受けるもいまだに意識は戻らない。以来、笑顔の絶えなかった恩田家は一変して…。



 中村は「匠はとても優しくて家族思いで温かい人物だと思いますので、少ない描写の中でも、そんな彼の人間性がうまく見ている方に伝わればいいなと思っています。そして心と匠を通して大切な人がいつも側にいる日常は決して当たり前ではなく、とてもかけがえのない日々だという事に気付いていただけたらとてもうれしいです」と力を込める。

 

 このほか、心が勤める横浜みなと総合病院・患者である高坂民代(こうさか・たみよ)を演じるのは高畑。全身がんの患者で心が一貫して担当医として向き合っている。「全身がんを抱えながら、他人事の様にがんの治療と向き合っている女性…と考えると、まっ先に思い出すのが樹木希林さんです。希林さんの死生観、あの少し皮肉屋さんの感じ、そんな気配を出せないものかなーと思いつつ、最近の医療事情なども大いに勉強したいと思っております」と役柄へのアプローチを語る。



 関東医科大学付属病院・消化器外科医の須藤進(すどう・すすむ)役には田辺。薫が以前、勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長で薫の元上司として彼女の相談役となる。田辺は「医者としての技術や経験を礎に、病気ではなく患者と向き合い、健康な生活に戻れるよう最大限の努力をしている姿を演じられればと思います。完璧ではない部分もありますが、そことどう向き合うのか、はたまたプライベートは? 一人の人間の様々な面を表現できればと思っています」と話している。
カテゴリ