米津玄師Ver「パプリカ」や「馬と鹿」の編曲家 「クラシックとPOPSの融合を3層構造で聴かせる」

米津玄師Ver「パプリカ」や「馬と鹿」の編曲家 「クラシックとPOPSの融合を3層構造で聴かせる」

「馬と鹿」、「パプリカ」の編曲を米津玄師と共に手がけ、宇多田ヒカルの井上陽水「少年時代」カバー曲の編曲を手がけるなど、クラシックとJ-POPの融合という実験的なアプローチで業界の話題をさらっている作曲家&音楽家の坂東祐大氏。クラシック/現代音楽を原点としつつも、アートとエンタメを繋ぐべく新たな挑戦を続ける若き立役者は今、何をめざしているのか。



米津玄師とのコラボで「新しいアプローチを探求したい」



──クラシック/現代音楽の作曲家でありますが、近年はエンタメ分野でも目覚しく活躍されています。なかでも注目を集めた米津玄師さんとのコラボレーションは、どのようなきっかけで始まったのでしょうか?



【坂東祐大(以下、坂東)】最初にお声がけくださったのは米津玄師さんで、映画『海獣の子供』の主題歌「海の幽霊」でオーケストラをお願いしたいとお話をいただいたんです。その前にも映画『来る』(2018年)やアニメ『ユーリ !!! on ICE』(2016年)の劇伴を担当させていただいたことはありましたが、ポップス、特に日本語の歌詞がある作品に全面的に携わるのはほぼ初めてでした。



 米津さんともそこで初めてお会いしたのですが、クリエイティブに対するスタンスにすごく共感するところがあって。これは僕が一方的に思ってることかもしれないですが(笑)。そこから光栄なことに『馬と鹿』、『パプリカ(米津玄師ver.)』と立て続けに共作でアレンジをさせていただいています。



【写真】ドレス姿で飛び跳ねながらクラシック演奏をする女性バイオリニスト



──互いに共感したスタンスとは?



【坂東】どこかのインタビューで米津さんが「まだ見たことのない景色を見てみたい」といった趣旨のことをおっしゃっていたんですが、僕もそれはまったく同じで、創作において絶対にルーティーンに陥りたくないというか、常に新しいアプローチを探求したいと思っています。



 例えば「海の幽霊」についても実は非常に実験的な、おそらくこれまでポップスの領域ではあまり誰もやらないオーケストラのサウンドデザインをしています。ポップミュージックとオーケストラの融合はすでにスタイルとして完成されていて、沢山の名曲があります。基本的には歌に対して、リズムセクション(バンドあるいは打ち込みなどのこと)とオーケストラ伴奏側の2層、あるいは後者のみで構成されている。この曲ではその2層を繋ぐために、間にもう1層を挟み込んでいます。つまり伴奏が3層構造になっているんです。



 その層には活動の主軸である現代音楽のフィールドで探究している特殊奏法をたくさん入れているんですが、あくまで繋ぎ目なので、たぶん聴いても3層になっているのは全くわからないと思います。だけどその層があることで、サウンドがより立体的になることによって、作品の持つ世界観に更なる深みを出したいというのが目論見でした。



──3層構造という“発明”が、今後ほかのポップミュージックに取り入れられていくかもしれないですね。



【坂東】どうなのでしょうか(笑)。でも僕が知らないだけで、他にも試している方いらっしゃるかもしれませんし(笑)。技術が普遍化されるかどうかは別として、音楽というのはさまざまなトライアンドエラーの積み重ねで形成されていくものですから。僕自身はアートの文脈にあるクラシック/現代音楽を基本軸とする人間ですし、ポップス作品に関わる際にも実験精神は常に忘れないでいたいと思っています。



相反するアートとエンタメへのスタンス



──アートとエンタメはときに相反するものとして語られますが、坂東さんはどのようなスタンスでいらっしゃいますか?【坂東】その2つの境目については常々考えているのですが、個人的にはどこまで行っても2つを明確にこれだ、と線引きができるような結論が出ない状態です。一般に、アートは個人主義でエンタメは商業主義だとざっくり言われますが、そんな単純に割り切れるものでもないというか。



 これは世代的なものもあるかもしれないですね。僕はYouTubeの躍進と共に学生時代を過ごした世代だと思うんですけど、ジャンルにしろカルチャーにしろ、分け隔てなく触れてきたこの世代には、「これはアート」「これはエンタメ」と変に分けて捉えない感覚があるような気がしています。少しネガティブな話になってしまうのですが、僕が映像の分野の仕事をするようになったときに、ある人から「坂東さん、けっこう軽いのもやるんですね」と言われたことがあって。それが僕はすごく嫌だったんですよね。



──それは現代音楽/クラシックの界隈の方がおっしゃったんですか?



【坂東】そうですね。どうしても「コンサートで演奏されているものだけが本物である」みたいな雰囲気があるんですが、僕はそれがすごくもったいないと思っていて。それよりもさまざまな場所に柔軟に行き来できたほうが、文化としては健全だと思うんですね。



 ちょっと前にレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが、スティーブ・ライヒとコラボレーションして、ニューヨークの現代音楽のアンサンブルのアラーム・ウィル・サウンドとコンサートをやったりしました。それこそ、今年リリースされたトム・ヨークの『アニマ』も、コンテンポラリーのダンスカンパニーとコラボレーションしてめちゃくちゃ攻めていて。ああいった柔軟なジャンルの横断がとても理想的だし、ジャンルを隔たりなく行き来できる流れは、今後さらに進んでくれたらいいなと。



──ただ日本では、クラシック/現代音楽の本流の音楽家とポップスの融合は例が少ないように感じます。課題はどこにあるのでしょうか?



【坂東】うーん、難しいですね(笑)。僕自身はその壁を壊したくて、さまざまな分野に柔軟にアクセスができるチームとして結成したのがEnsemble FOVEです。



 メンバーは僕と同世代のクラシックの演奏家、各楽器でトップクラスの実力を持つ奏者たち。きっかけは、僕が大学院生の頃からCM音楽の作曲の依頼をいただくようになって、最初はスタジオミュージシャンの方々に演奏をしてもらっていたんですが、信頼のおける仲間とチームを作れば密なコミュニケーションができるな、と考えて声をかけたのが始まりでした。そんなふうにふわっと集まったチームですが、僕が大学院を卒業した2016年に正式に設立して、オリジナルの作品制作やアートプロジェクトなどより発展的な活動をしています。また、僕が関わってきた一連の映像作品、歌ものなどを演奏しているのもEnsemble FOVEです。



クラシックとポップスを繋ぐアプローチ



──11月にはEnsemble FOVEの初のCD作品がリリースされました。【坂東】この作品は、まさにこれまでのFOVEの活動の集積のようなもので、劇伴やJ-POPで経験したスタジオでのアプローチを改めてクラシックに戻す試みをしているんです。



 通常、クラシックのアルバムというのは、ホールのS席で聴いている体験をご自宅でも...という風に録音されるのが1つの完成形なんですが、僕が当初から念頭にあったのは、CDというメディアの特性を最大限に生かすことでした。そのためには、やはりスタジオ録音が最適だと考えたんです。そしてレコーディングした各曲を、DAWソフトでチマチマと自宅でエディットして、それぞれの曲の連なりによって1つのストーリーを語るような構成にしました。



 こんなふうに、コンセプトを踏まえてキュレーションされたクラシックのアルバムって、コンピレーションは別としてなかなかないんですよね。最近はヨーロッパで少しずつそういった動きもありますが、いわゆるクラシックマニアではない人ほど、「クラシックってこんなふうにも聴けるんだ!」と新鮮に感じていただける作品になったんじゃないかと自負しています。



──この表現が正しいかどうかはわかりませんが、ポップスの発想と手法を取り入れることで、「クラシック=高尚」という先入観をなくす試みでもあったのでしょうか?



【坂東】僕自身はあまり高尚とは思ってないんですけどね(苦笑)。ただ、歴史があるが故に、文脈が非常に重んじられるというところは多分にあるとは思います。



 僕は、純粋に作品として面白いと思えるのであれば、どんな形でもいいと思っています。ただし、クラシック/現代音楽を出自とする人間として思うのは、確かにクラシックは間口をもっと広げなければいけない。だけど同時に、決して安っぽいものにしてはいけないとも思うんです。間口を広くするのと、敷居を下げる。もっと言うと、安くするというのは確実に別なんです。



 先ほどある方に「軽いもの」と言われた、というお話をしましたが、僕はたとえ現代音楽以外の作品に関わる場合でも、歴史を経て確立してきたクラシックの伝統は決して軽視はしたくありません。そうしないと依頼してくださった側にも、またクラシック側にも申し訳ないことになってしまいます。何より、自分が納得できません。これからもコラボレーションを続けるうえで、出自やポリシーをブラさないことは、創作を続けるうえでも大切にしていきたいと思っています。



──ご自身の作品制作のほかに関わっていきたいシーンはありますか?



【坂東】ずっと言い続けていることなんですけど、いつか大河ドラマの音楽を手がけてみたいですね。それこそ武満徹さんや黛敏郎さん、湯浅譲二さん、池辺晋一郎さんといった現代音楽の作曲家の先達の方々は、自分の作品に向き合う一方でさまざまな分野とも柔軟に、誠実に関わってこられました。さまざまなジャンルでリスペクトを持って、交流し合える風通しのいい状況になっていったらうれしいし、そのためにも柔軟なアプローチを続けたいと思います。



文/児玉澄子



坂東祐大Profile

作曲家、音楽家。1991年生まれ。大阪府出身。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科を首席で卒業。同大学大学院修士課程作曲専攻修了。様式を横断したハイブリッドな文脈操作やサンプリングなどを軸に創作活動を行う。第25回芥川作曲賞(2015年)、長谷川良夫賞(2012年)、アカンサス音楽賞(2013年)受賞、第83回日本音楽コンクール(2014年、入賞)。作曲を野田暉行、安良岡章夫、野平一郎、ピアノを中井正子各氏に師事。Ensemble FOVE主宰。『Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION』(2016年12月21日発売)や、『井上陽水トリビュート』(2019年11月27日発売、宇多田ヒカルが歌う「少年時代」を編曲。演奏をEnsemble FOVEが担当)などの楽曲も手がけた。
カテゴリ