ホテル自慢のバスルームで日本文化を体験!“お風呂の日”開催

ホテル自慢のバスルームで日本文化を体験!“お風呂の日”開催


大阪市にある「ホテル阪急インターナショナル」では、12月26日(木)から、毎月26日に外国人宿泊者をメインターゲットとした「お風呂の日企画」を実施する。

同ホテルは、訪日外国人旅行客を対象に、「折り紙」「プラモデル」「風鈴の絵付け」といったワークショップを2017年より行っており、“スタッフとコミュニケーションしながら楽しい時間が過ごせる”と好評なのだという。

今後はますます外国人旅行客の来日が見込まれるということから、今回「お風呂の日企画」が誕生した。

毎月26日は“お風呂の日”


「お風呂の日企画」は、ホテル自慢のバスルームで日本の生活習慣を体験できるイベント。バスビューが楽しめる客室もあるので、お湯につかりながらゆっくりと大阪の街を眺めることもできる。

第一回目は“柚子湯”



第一回目となる今回は、冬至に“柚子湯”に入る習慣にちなみ、高知県から取り寄せた柚子の果実をプレゼント。料金は無料。宿泊者が対象で、もちろん国籍は問わない。

以降も、毎月26日にバスタイムを彩るアイテムを進呈していくという。

外国人の友人が大阪に来るときは、より日本を楽しめるこの企画をぜひ教えてあげよう!

■「ホテル阪急インターナショナル」
住所:大阪府大阪市北区茶屋町19-19
カテゴリ