森山直太朗『同期のサクラ』主題歌は「予想できなかった」

森山直太朗『同期のサクラ』主題歌は「予想できなかった」

 シンガーソングライター・森山直太朗が13日、都内で行なわれたドキュメンタリー映画『森山直太朗 人間の森をぬけて』の公開記念初日舞台あいさつに登壇。高畑充希が主演を務める日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』の主題歌として2002年に発表した代表曲「さくら」をアレンジした「さくら(二〇一九)」が起用されたことについて、「予想できなかったことだった」と自身でも驚きの出来事だったことを明かした。



【写真】会場で”生歌”を披露した森山直太朗



 森山は「(6月まで続いた)ツアーが終わって、どこか鬱々とした日々が続いていたんですけど、9月ごろにドラマのスタッフの方からお話をいただいて、主題歌を担当させていただくことになりました」と説明した。また、2020年前期の連続テレビ小説『エール』への出演も決まり「歌うことが自分の仕事だと思っていますが、これからもうひとつステージを上げていく中で、違う表現も必要だと思って。率先してチャレンジしていきたいですね」と音楽以外の活動を通して、いずれ歌へと還元していくことを誓った。



 この日は、同作のメガホンをとった番場秀一監督も登壇。森山の魅力について聞かれると「知り合う前は、なにか秘めたものがあるようで良いなあと思っていたんですけど、会ってみたらすごくかわいい人なんです。あと顔が好きです」と告白し、これには森山も「違う意味になっちゃうよ!」と答えて会場を盛り上げていた。



 今回のドキュメンタリー映画は、2018年10月から年をまたぎ、改元をもまたいで、全国を回った全51公演のコンサートツアー「人間の森」のファイナル直前の5月にWOWOWで放送された『森山直太朗「人間の森」ドキュメンタリー』のために、ツアー後半の19年3月から密着開始。テレビ版ドキュメンタリー放送後も撮影を続け、ツアー最終局面の舞台裏から今年10月にいたるまで長期間に渡り追い続けた。



 森山は「この映画を作ってくれて監督に『ありがとう』という気持ちしかない。向き合ってくれてありがとうと。変な話、自分の裸のシーンもありますし恥ずかしい部分もあるんですけど、やりきりました。誰にでもあるような心の奥が描かれた物語だと思います」と封切りを喜んでいた。
カテゴリ