西島秀俊・内野聖陽、『きのう何食べた?』正月SP、あらすじ&場面写真

西島秀俊・内野聖陽、『きのう何食べた?』正月SP、あらすじ&場面写真

 俳優の西島秀俊・内野聖陽がダブル主演するテレビ東京系ドラマスペシャル『きのう何食べた? 正月スペシャル2020』(1月1日 後10:00~11:30)。連続ドラマに引き続き、田中美佐子、マキタスポーツ、山本耕史、磯村勇斗、高泉淳子、チャンカワイ、中村ゆりか、松山愛里、椿弓里奈、山本楽、唯野未歩子、奥貫薫、田山涼成、梶芽衣子ら、レギュラーキャストの出演も決定した。原作者のよしながふみ氏、ドラマ脚本の安達奈緒子氏、それぞれからコメントが到着。3章仕立てのあらすじ&場面写真も公開された。



【画像】12月23日発売予定の『きのう何食べた?』16巻書影



 正月スペシャルは、「誰のために時間とお金を使いたいか」をテ ーマに物語を紡ぐ。家族、仕事仲間、恋人。その関係性や世間との関わり方に葛藤や悩みもあるけれど、大切な人のために使う時間とお金は、きっと何倍もの価値を生む。日常のなかで忘れがちな大切なことに気付かされるストーリーとなっている。また、今回も劇中で披露される料理は、味はもちろんのこと、実用的なレシピばかり。令和初の元日にシロさんとケンジが幸せなひとときを運んでくれる。



▽原作・よしながふみ氏のコメント

 視聴者の皆様よりひと足お先にちょっとだけ撮影現場におじゃまして見学させていただきました。前シーズンよりケンジにずっと優しくなったシロさんがとっても素敵ですし、いただいた台本より、ちょっぴりはみ出たリアクションをするケンジも大変チャーミングでした! まさかのお正月スペシャルという早い続編にも、うれしい驚きです。一視聴者として2020年1月1日を心より楽しみにしております。



▽脚本家・安達奈緒子氏のコメント

 「シロさんとケンジが帰って来る!」 ならば絶対に楽しいものにしなければ…と、ガチガチな気負いとともに再びよしなが先生の原作を手に取りました。そうしたら「いやぁ帰って来るとかってなに。俺たち普通にずっといるし」「てか歳とってるし。ほんとイヤんなる、お腹も出ちゃうし」と、平常運転でボヤくシロさんとケンジさんがそこにいて、ああこれだよなぁ…と思いました。『きのう何食べた?』の世界が愛おしいのは彼らが本当にどこかで懸命に生活していると思えるから。というわけでお正月SPなのに何も起きません。ですが、西島さんと内野さんの繊細なお芝居を筆頭に、丹精込めて作られた劇中の食事など、何も起きないと言いつつ堪能すべきものは山ほどあると内心思っています。わたしも早く見たくてたまらないです。



■あらすじ



▽第1章

 3月のとある金曜日の夜。筧史朗(西島秀俊)と矢吹賢二(内野聖陽)は小日向大策(山本耕史)に、芸能人御用達の超高級焼肉店へ呼び出される。そこには井上航(磯村勇斗)の姿も。あまりの場違いな空気にうろたえる2人の前に、なんと史朗が長年憧れ続けた女優・三谷まみが現れる。



 まみのマネージャーの離婚問題の弁護を史朗が担当したお礼だというが、カッコつけながらも、“脳内幸せ物質”があふれ出てしまっている史朗。そんな様子を見てムッとした賢二は、自分が史朗の彼氏であることをまみに言い放つ。実はこのあと史朗の誕生日サプライズを賢二は考えていて…。



 そんな中、史朗のもとに久栄(梶芽衣子)から連絡が入る。悟朗(田山涼成)の通院費を工面してほしいというお願いだった。中村屋で会った富永佳代子(田中美佐子)に、史朗は親の老後資金への不安を吐露する。20年前、久栄はあることにお金を使いこんでしまい、貯金はほぼ0の状態なのだ。だが史朗はそれを自分のせいだと思っていて…。そんな心配を抱えながら、史朗は久栄が送ってくれたどんこを使って夕飯を作り出す。



▽第2章

 4月下旬のとある土曜日の夜。史朗と賢二の家で、小日向は憔悴しきっていた。つい数時間前のこと。急な仕事を断れず、航との約束をキャンセルして潮干狩りへ行った小日向は、大量のアサリを抱えて帰宅した。もともと機嫌が悪かった航は、そのアサリを見るなり号泣。「アサリが苦手だ」と泣き叫び、「なんの仕返しだ」とヘソを曲げてしまう。仕方なく史朗たちの家にアサリを持ちこんだというわけだ。いつもの騒ぎかと思いきや、この日の小日向はなぜか深刻な顔つきで…。



 デイトレーダーの航は、自宅で仕事をしている。この日のトレードを終えた航は、冷蔵庫で食べ物を探すが、気分に合ったものが見つからなかった。そんな中、冷凍庫で史朗が小日向に持たせたアサリのパックを発見する。何かを思いついた航が、珍しく料理をしようと 外へ出ると 、買い物中の賢二と遭遇。意外な共通点で意気投合する。



▽第3章

 5月中旬のとある深夜。忙しい史朗に代わり料理や家事をしていた賢二だったが、レシートを計算すると1週間で予想以上に浪費したことが発覚し頭を抱える。史朗に怒られるのを恐れ、隠ぺいしようとするが、さすがに買い物を工夫しなければと反省した賢二は、倹約方法のリサーチを始める。すると三宅レイコ(奥貫薫)から、近所のスーパーのチラシが全部見られるという、チラシアプリに登録するといいとのアドバイスが。その甲斐もあって、賢二は次第に予算が抑えられるようになっていく。



 しかし多忙を極める史朗とのすれ違い生活は、早くも3週間が経過していた。 ひとりの食卓、食べてもらえない夕食の食器――やがて賢二は寂しさで押しつぶされそうになる。
カテゴリ