宇垣美里、初カレンダーに照れ「うれしさと恥ずかしさ」 フリー転身で成長実感

宇垣美里、初カレンダーに照れ「うれしさと恥ずかしさ」 フリー転身で成長実感

 フリーアナウンサーの宇垣美里が14日、都内で『2020年カレンダー』発売記念イベントを開催。自身初のカレンダー発売となったが「これだけの大きさで私の顔を見ることなかなかないので、うれしさと恥ずかしさとみたいなのがありました」と率直な思いを打ち明けた。



【動画】クリスマスの予定を明かした宇垣美里



 撮影は9月中旬に千葉で撮影されたそうで、テーマについて「いろいろな表情ですとか、いろいろな服装をしておりますので、みなさん、私に色々なイメージをお持ちだと思うんですけど、またこれで違う一面を見ていただけるのかなと思っています」とアピール。「何度かお仕事したことのあるカメラマンさんやメイクさんやスタイリストさんと一緒に楽しく撮影ができたので、素で楽しんでる感じも出てるんじゃないかなと思っています」と満足げな表情を浮かべた。



 今年の活動については「ことしの4月からフリーとして活動させていただいて、いろいろなことを経験したので、おもちゃ箱みたいな1年だったなと思います」と回顧。フリーになって成長した点を聞かれると「会社員のときとは違って、毎日行く場所も違えば、スタッフの方も違うので、ある種の阿吽の呼吸みたいなのは生まれにくいと思う。短い時間でスタッフさんとか現場にいる方と息をあわせてお仕事するっていうのがこの1年で身についたことなのかなと思います」と新天地での成長を実感していた。

カテゴリ