寺島しのぶ、ドラマセットで蔵建造に驚き「フジテレビさん、お金ある!」 加藤シゲアキ&小瀧望が息子の宿題手伝うも…

寺島しのぶ、ドラマセットで蔵建造に驚き「フジテレビさん、お金ある!」 加藤シゲアキ&小瀧望が息子の宿題手伝うも…

 女優の寺島しのぶ、人気グループ・ジャニーズWESTの小瀧望が15日、都内でNEWSの加藤シゲアキ主演のフジテレビ系スペシャルドラマ『悪魔の手毬(まり)唄~金田一耕助、ふたたび~』(21日、後9:15)の製作発表会見に参加した。



【写真】ドラマセットの規模の大きさに驚いた寺島しのぶ



 ミステリー&ホラー小説界の巨匠、横溝正史が生んだ金田一耕助シリーズのなかでも横溝自身が傑作と語ったミステリー作品を映像化。怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれ、洞察力と明晰な頭脳を武器に、金田一耕助が名推理をみせる。主人公の金田一耕助を加藤、物語の舞台となる鬼首村(おにこうべむら)にある温泉旅館・亀の湯の女主人・青池リカ役には女優の寺島しのぶ、リカの息子で美しき容姿の青年・青池歌名雄(かなお)役を小瀧が演じる。



 司会から「端正な顔立ち、男気な性格で…」と役柄を紹介された小瀧は「端正な顔立ちの小瀧望です」と応じ、笑わせながら「歴史ある作品で、このような豪華なキャストの皆様の中に入れた令和元年最初の奇跡なんじゃないかなと思います」と感慨を語っていた。



 3年ぶりのドラマ共演となった加藤と小瀧。加藤は「いろいろな経験をした小瀧とお芝居をして、こんなに人って成長するんだってぐらい役者の顔になった。初めて見る小瀧望。ぜひ、小瀧くんのファンに見てもらいたい!」と小瀧の成長を語りつつ、呼びかけた。



 映画のような豪華なセットや全国津々浦々で行われた独自のロケに出演陣は驚いたそう。寺島は「いろんなところに行った。年末なので行き帰りが大変でした。いつもより渋滞が多くて『間に合わないんじゃないか』と(笑)」と苦笑い。そして「お金があるなぁって。下田に蔵を作った。フジテレビさん、すごいなと感じました」と笑った。



 また、撮影中に加藤と小瀧と生瀬勝久は寺島の息子の眞秀くんの宿題を手伝ったそう。加藤は「すごく凄惨なシーンの合間に寺島さんに電話がかかってきた。聞かないようにはしていたんですが『何? 宿題?』と聞こえてきた(笑)。算数なのに、なかなか哲学的な問題で難しかった」とぶっちゃけ。1度、電話を切ってから大人4人で悩んで正解を模索したという。



 たどり着いた答えから、眞秀くんにアドバイスを送ったそう。寺島は「手伝っていただきました。真剣に考えていただいて…」と感謝したが、加藤は「そのときの答え、間違っていたらしいです」と自虐。小瀧は「えぇ! そうなんすか! びっくり!」と目を丸くし、加藤は「大人4人が集まってもダメでしたね…」と苦笑いを浮かべていた。



 会見には古谷一行、中条あやみも参加した。
カテゴリ