『M-1』優勝カギ握る「笑神籤(えみくじ)」 ラグビー日本代表の稲垣、福岡、堀江の3選手が担当

『M-1』優勝カギ握る「笑神籤(えみくじ)」 ラグビー日本代表の稲垣、福岡、堀江の3選手が担当

 “令和”初の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(22日 ABC・テレビ朝日系 後6:34~10:00)で、ネタ順を決める際のルール「笑神籤(えみくじ)」を、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手、福岡賢樹選手、堀江翔太選手が担当することが決定した。決勝はインディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、ニューヨーク、すゑひろがりずの9組と敗者復活組となる。



【写真】『M-1グランプリ』決勝進出コンビ 一覧



 2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2004年1月1日以降の結成)が出場可能。8月1日より1回戦がスタートし、エントリー数は過去最多の5040組となるなど、熱気が高まっていた。



 本番ではこの9組に加え、準決勝進出者による敗者復活戦で勝ち残った1組が、日本一の漫才師を目指す。ネタ順は、一昨年から導入されたルール「笑神籤(えみくじ)」で決定する。MCがくじを引き、当たったコンビがその場ですぐにネタを披露。敗者復活組は「笑神籤」にて敗者復活の札が引かれたタイミングで、ラスト10組目が発表されるという緊張感あふれる制度が採用される。



 決勝は、審査員をオール巨人、上沼恵美子、サンドウィッチマン・富澤たけし、立川志らく、ナイツ・塙宣之、中川家・礼二、松本人志が務め、今田耕司と上戸彩が司会を担当する。



■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】

2001年度 中川家【1603】

2002年度 ますだおかだ【1756】

2003年度 フットボールアワー【1906】

2004年度 アンタッチャブル【2617】

2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】

2006年度 チュートリアル【3922】

2007年度 サンドウィッチマン【4239】

2008年度 NON STYLE【4489】

2009年度 パンクブーブー【4629】

2010年度 笑い飯【4835】

2015年度 トレンディエンジェル【3472】

2016年度 銀シャリ【3503】

2017年度 とろサーモン【4094】

2018年度 霜降り明星【4640】
カテゴリ