NMB48 美少女3人組“LAPIS ARCH”お披露目「10代の中心的存在になれたら」

NMB48 美少女3人組“LAPIS ARCH”お披露目「10代の中心的存在になれたら」

 アイドルグループNMB48の5期生で現役女子高生の梅山恋和(16)、上西怜(18)、山本彩加(17)が15日、大阪・難波のNMB48劇場で新ユニット「LAPIS ARCH」(ラピスアーチ)を結成したことをサプライズ発表。そのまま初ステージとなるお披露目公演を行い、来年2月14日には初の単独ライブを開催することも発表して観客を沸かせた。



【写真】NMB48が誇る美少女トリオのソロショット



 この日の特別公演の出演メンバーは「開演をもって発表」とだけ告知されており、観客の期待感が高まるなか、オープニング映像でユニット名が発表され、続いてNMB48が誇る美少女トリオ、梅山、上西、山本が登場。「NO WAY MAN」「最強ツインテール」をパフォーマンスすると、3人声をそろえて「LAPIS ARCH(ラピスアーチ)です!」と名乗り、劇場は大歓声に包まれた。



 上西は「今日は私たちの最初のステージです。今後のLAPIS ARCHを期待していただけるような公演にしたいと思っていますので、みなさん、最後までどうぞよろしくお願いします!」とあいさつ。サイレント映画風の映像が紹介された後はソロパフォーマンスに突入し、梅山は大人っぽいダンスとともに「僕は愛されてはいない」を、上西は「永遠プレッシャー」でキュートなステージを、山本は切ない眼差しを向けながら「思い出以上」を披露した。



 モノトーンの制服風の衣装に身を包んだ3人は「誰のことを一番 愛してる?」で魅せ、「気づいたら片想い」では早着替えでシックな衣装にチェンジ。本編最後は「わかりやすくてごめん』を歌い、それぞれの個性が際立つボーカルでもファンを沸かせた。



 アンコールでは白のセーラー服姿で登場し、3人それぞれが意気込みを語った。



上西「LAPIS ARCHは大きな夢を持って、これからいろんなことに取り組みたいと思います。NMB48劇場で初めてステージに立てることができてうれしいです。これから、私たちだけでアリーナツアーができるようになりたいですし、いつかNMB48で京セラドームに立つための先頭になれるぐらい頑張ります」



梅山「まだまだ未熟ですが、いろんなことに挑戦して、LAPIS ARCHをもっと知ってもらって、いろんな景色を観たいです。ユニット曲を出せるよう張り切って頑張ります」



山本「私たちは全員、高校生なので若い世代に向けて発信したいと思ってTikTokのアカウントも開設しました。これからこの3人でしかできないことをやっていきたいと思います。LAPIS ARCHのアカウントから私たちに興味を持ってもらえるよう、10代の中心的存在になれたらと思っています。新しいことに挑戦して、たくさん素敵な景色を観たいです。これから走り出す私たちを応援してください」



 客席から「頑張れ!」と声援が飛ぶなか、「夢へのルート」「しがみついた青春」の2曲で締めくくり。初ステージをやり切った3人が「ありがとうございました!」とあいさつをすると、3人にも内緒でスクリーンが降りてくるサプライズが始まり、「速報!!」の文字に続いて、2020年2月14日(金)にCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールでのLAPIS ARCH初の単独ライブ開催が発表された。



 メンバーは「うれしい!」と声を弾ませ、山本は「びっくりしすぎて…。もう1回、劇場公演をやりたいねと話していたのですが、まさか(劇場を)飛び出せるとは思ってなかったんですけど、私たちも準備して頑張っていきたいなと思います。皆さんぜひ、足を運んでいただけたらうれしいです!」と呼びかけた。



 2月14日はバレンタインデーとあり、上西が「2月14日まで恋人を作らないでくださいね!」と懇願するも、山本は「ぜひ恋人と一緒に来てください! 倍になるから!」と集客につなげるたくましい売り込みをしていた。



 なお、同日20時からはNMB48ショップでLAPIS ARCHのグッズ展開がスタート。来場者にはサイン入りステッカーがプレゼントされた。
カテゴリ