神木隆之介VS中村倫也、1000円ガチャで“混ぜるな危険”レベルの盛り上がり

神木隆之介VS中村倫也、1000円ガチャで“混ぜるな危険”レベルの盛り上がり

 あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく、テレビ朝日系実験バラエティー『10万円でできるかな』。16日放送分(後8:30~9:48)に、公開中の映画『屍人荘の殺人』で共演している、俳優の神木隆之介&中村倫也がゲスト出演。ふらっと東京・秋葉原に降り立ち、番組の看板コーナーのひとつ「1000円ガチャ企画」に本気で挑む。



【写真】「1000円ガチャ企画」で対決中の神木&中村



 今回は番組初の対抗戦。神木と中村は1000円ガチャだけでなく、番組初登場の2000円ガチャにも挑戦しながら、どちらが高額な商品を当てるか競い合う。



 実は1000円ガチャ初挑戦の中村に対し、神木は1000円ガチャ経験が豊富な、いわゆる“ガチ勢”。なんでも「友達と個人的に1000円ガチャ動画を撮って、記録に残したりしてる」ほどだという。勝負前から余裕も余裕の神木。ガチャのマシーンを前に「?」な中村に向かって、ベテラン解説までぶちかます。



 そんな神木の意外な見せ場から始まった対抗戦。2人ともやはり、今をときめく人気俳優だけに、いろんな意味で持っていた!? なんとこの勝負、次から次へと見せ場が押し寄せる大激戦へと発展していく。



 今回の企画で判明したのは、この2人の“エンターテイナー魂×無邪気さ×運”が掛け合わさると、とんでもなく最高なロケVTRが仕上がる、ということ。中村がいきなり“物騒な○○○○”を当てたかと思うと、いつもなら「絶対断る」という“禁断のスイート・フェイス”も披露。さらには、サンドの富澤たけしも思わず「ドラマみたい!」と萌えた“神木&中村のファンタジックな共同作業(!?)”が繰り広げられたり、神木の右腕がどエラいことになったり…。予想外展開のオンパレード。さらに、今回は正真正銘の超高額商品も大当たりが出る。どちらが何を当てたのか!?



 このほか、新企画「10万円で建物価値0円の空き家をキレイにしたら、いくらで売れるかな」も放送。昨今、日本で急増して問題になっている空き家。築20年以上の建物の価値はほぼ0円になってしまうそう。そこで、キスマイが一念発起! 空き家を大掃除&DIYして、建物価値がどれくらいアップするかを検証する。



 今回、立ち上がったキスマイ・メンバーは北山宏光、横尾渉、二階堂高嗣。しかも強力な助っ人として、2019年プロレス大賞MVP・IWGPヘビー級チャンピオンに君臨する新日本プロレスのオカダ・カズチカが参戦し、“空き家の思わぬ一角”で破壊力抜群の得意技「レインメーカー」を連発する。建物価値0円の空き家にも“金の雨”を降らせるべく、怪力プロレスラーの名にふさわしい大胆かつ力技勝負のDIY技を繰り出す。



 張り切るあまり余計なこともしてしまい、北山&二階堂に怒られる、というオチャメな姿も見せながら、空き家と格闘するオカダ。はたして、彼は最終的に何円の金の雨を降らせることができるのか!?



 さらに、芸能界きってのお掃除好き主婦・渡辺美奈代も登場し、キッチンを清潔に磨きあげるお掃除テクニックを紹介。番組内で明かされる年末年始の大掃除にも使えるお掃除術&便利アイテム、“ここをキレイにしておけば建物価値が落ちない”という住宅裏事情も紹介する。
カテゴリ