男にも、甘えたいときがある…!男性の甘えさせ方入門講座

男にも、甘えたいときがある…!男性の甘えさせ方入門講座

彼に甘えてもらいたい!と思っているなら、まずは男性心理を把握して、彼が甘えやすい心の下地を作っていくのがおすすめです。


そこで今回は「甘えさせ方入門講座」として、素直に甘えてもらうために、彼女としてできることをご紹介。もっとラブラブしたい方は、ぜひお試しあれ!!



彼の話をじっくり聞く時間をとる


彼に甘えてもらいたいとき壁となるのが“プライド”。男性の多くは、自分からベタベタ、イチャイチャする俺なんてカッコ悪い!と思ってしまうのです。


それを取り払うのに大切なのが、“彼の話をじっくり聞く”こと。


一緒に楽しく過ごすのもいいですが、あえて“彼の話を聞くためだけの時間”を作ってみてください。彼が本音を言える土台を作れば、プライドを解きほぐすきっかけとなるはずです。


共感の質問から本音を引き出す


とはいえ、なかなか本音を言ってくれない男性もいますよね。そんな彼には、共感の質問をしてから、本音を引き出す方法を試してみてください。


たとえば、「私は後ろからギュッとされるの嬉しいけど、○○くんはどう?」と質問。「まぁ……、俺も好きだけど……」と、共感から「ハグが好き」という本音を引き出せればこっちのもの!


この方法で、いろんな彼の本音を引き出していけば、見栄っ張りな男性のプライドを上手にすり抜けて、本心を聞けるはず。


そのうち「これだけ本音を知られたら、素直になるしかない」と感じてくれるかもしれません。


なにも言わずにハグする習慣を


なにも言わずにハグする習慣を


その次は行動です。おすすめなのは、とにかく理由を付けずに「ハグをすること」。


「好き」と思ったら、それだけでハグ!

「おつかれさま」といいながら、ハグ!


女性特有の柔らかい感触は、男性の心をほぼ強制的に溶かすもの。お堅い彼も、ついつい心が柔らかくなってしまいます。


ハグで気持ちを表現している間に、そのうち彼のほうからギュー!としてくれるかもしれません。


甘やかすけど甘やかさない


心理的なテクニックも取り入れておきましょう。


人間は、簡単に手に入るものほどすぐに飽きたり、軽く扱ったりしがちなもの。


実はこれ、彼を甘やかすことも同じ。


彼がちょっとワガママをいうようになったと感じたら、「◯◯してほしいの?ダメ~!」というやりとりも、実は男性に甘えてもらうのに有効なんです。


男性の“甘えたい心”のなかには(ちょっと叱られたい)という幼い男の子のような期待が含まれていることも少なくありません。


男性本人が無意識でも、「彼のワガママを理解しつつも叱る」というコミュニケーションは、彼が素直に甘えてくれる下地となるはずです。


おわりに


彼に甘えてもらうためには、単にラブラブした雰囲気を作るだけでは不十分。


まずは、彼と本心で語り合うこと。そして、女性としての魅力をフルに活用して、彼の心の奥底にある、「実は甘えたい」を引き出すことを目標にしてみてください。


きっと、彼も甘えやすくなるはずです!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ