ビートたけし、離婚ネタに自虐連発 鶴瓶が“生き様”を絶賛「まだ芸人が生きている」

ビートたけし、離婚ネタに自虐連発 鶴瓶が“生き様”を絶賛「まだ芸人が生きている」

 落語家でタレントの笑福亭鶴瓶、お笑いタレントのビートたけしが16日、都内で行われたテレビ東京系バラエティー番組『チマタの噺SP~たけし噺2019~』(26日 後11:41)収録後の取材会に出席。40年近く連れ添った妻との離婚などを念頭に置いてか、鶴瓶が「1年間の憂さを全部オレにぶつけはりましたね。何にもなくなったやもん」と向けると、たけしは「ひどい年ですよ。今まで築き上げたものが全部なくなった」と自虐交じりにボヤいた。



【写真】笑顔で自虐連発をしたビートたけし



 鶴瓶は、そんなたけしの生き様を「面白かった、全部言うてくれはるから。芸人がまだ生きている感じですよね」と形容。たけしが「今は師匠と弟子の関係を知らないんだよ」とこぼすと、鶴瓶は「(明石家)さんまもそうでしょう。師匠を持っている人間が、ここに根付いている感じですよね」とかみしめるように語った。



 「今年よかった出来事?」という話題でも、たけしは「今年はね、小説をやたら書いたんだよね。来年の直木賞、芥川賞はどう考えてもオレが取らないとおかしいんだけどね…。オレ、海外では映画監督とかいい扱いなんだけど、日本では女にだらしがないバカヤローになっちゃうんだよ。それで、金取られて終わっちゃって、離婚して、ひどい目だよ」とポツリ。



 きのう15日に最終回を迎えた、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』では、“落語の神様”古今亭志ん生に扮して、語り手を務めたたけし。「子どもの頃から落語が好きだったんだけど、お弟子さんになるのは勇気なかったね。芸事そのまま勝負できるのが夢だけど、師匠との関係とか、いろいろね、そっちの方に気を使ってしまって大変だろうって、漫才の方にいっちゃったんだけど。NHKで『古今亭志ん生さんをやってくれ』って言われた時には、本当にうれしかったですね」と喜びを口にした。



 鶴瓶から「どれくらいのネタをやりました?」と聞かれると「『富久』とか『替り目』とか…あとはまくらをやったね」と言いながら、その場で一節を披露。「ずいぶん、志ん生さんの落語を聞きましたけど、これはかなわないなと思ったね」と語るたけしに、鶴瓶も「やっぱり、すごいですよね」と同調していた。



 番組では、旧知の仲であるたけしと鶴瓶が今年世間を騒がせた、さまざまなニュースをメッタ斬り。レギュラー放送で行われている、街行く人々のVTRを受けて、2人がよもやま話を展開するコーナーも予定されている。
カテゴリ