マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」発売25年で初の全米1位「やったー!」

マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」発売25年で初の全米1位「やったー!」

 米歌手マライア・キャリーのヒット曲でクリスマスシーズンの定番曲「恋人たちのクリスマス」(原題「All I Want for Christmas Is You」)が、1994年の発売から25年を経て、初の全米シングルチャート1位を獲得した。発売から1位になるまで最も時間のかかった楽曲となったほか、ホリデーソングが同チャート首位を獲得したのは史上初となる。



【写真】マライアの思い出話に花を咲かせる山口智子



 マライアは自身のツイッターで、泣き顔やクリスマスツリーの絵文字とともに「やったー!」と投稿。これにより、マライアの全米シングルチャート1位獲得数は19曲となり、ソロアーティストとしては最多記録を達成。アーティスト全体でも1位のザ・ビートルズに続き、エルヴィス・プレスリーと並んで2位となった。



 同曲は日本でも94年秋に放送された山口智子主演ドラマ『29歳のクリスマス』の主題歌に起用され、ミリオンヒットに。同曲を収録したベストアルバム『The Ones』(98年)も日本国内だけで280万枚(オリコン調べ)を突破するメガヒットを記録した。



 今月3日には、「恋人たちのクリスマス」発売25周年を記念し、96年の初来日公演のライブ映像がYouTubeで初公開されたばかり。赤いミニワンピースをまとった当時25歳のマライアが日本のファンに向け「サンキュー、トーキョー!」と呼びかけ、楽曲の最後には「サヨナラ」と日本語を盛り込んだアレンジで披露する貴重な映像として話題となっている。

カテゴリ