現役女子大生が美ボディ大会出場 「将来はジムのあるオフィスで働くのが夢です(笑)」

現役女子大生が美ボディ大会出場 「将来はジムのあるオフィスで働くのが夢です(笑)」

 今年で開催5年目を迎えた美ボディコンテスト「サマースタイルアワード(以下SSA)×NOVICE」が先ごろ、東京・ TFTホール1000で開催され、総勢約200名の男女が集まった。



【写真】1日4時間もトレーニングに励む赤坂優花さんが驚異の美ボディを披露



 女性のカテゴリーの中でも、全体的な肉体の発達状態やバランスのとれたスタイル、ポージングの力強さなどが評価される「ベティ」部門には、今回16名の美筋美女がエントリー。そんな同部門のファイナリストのひとりが、現役女子大生の赤坂優花さん(20歳)だ。



「トレーニング歴は1年半くらい。もともとスポーツが好きで山岳部に所属していたのですが、体力づくりのためにやる筋トレの方が好きになっちゃって。今では大学のボディビル部に所属しています」



 自身の性格を「没頭しちゃうタイプ」と分析する赤坂さん。今では大学のジムで週5~6回、多い日には1日4時間トレーニングに励むこともあるのだとか。



「腹筋を『縦に割りたい』っていう最初の目標が、いつのまにか『横に割りたい』になって、どんどん筋トレにハマっていきました。そこから、ただ筋トレしているだけじゃ意味ないなと思い始めて…。ありきたりな大学生活から、『何か目標を立てて頑張ってみたい』『自分がどれだけ挑戦できるか確認したい』という気持ちになり、大会出場を目指すようになりました」



 今年6月には、東京・サンパール荒川で行われた「SSA ルーキーチャレンジカップ」の「ビキニ(ベティ)」部門に初出場。たった2ヵ月で12キロの減量に成功したが、結果は6位。そこでリベンジを果たすため、今大会に挑んだという。



 なお入賞は逃したが、赤坂さんは大会出場についてこう振り返る。



「前回と比べて、今回は計画的にトレーニングできたので、自分の中ではかなり達成感がありました。もっとハングリー精神を旺盛にして、次はもっと大きい大会を目指して頑張りたいです。いま大学2年生ですが、社会人になってもトレーニングは続けていきたいと思っています。将来は、ジムのあるオフィスで働くのが夢です(笑)」
カテゴリ