『2019年ブレイク女優』清原果耶が首位 視聴者&業界の注目度増す期待の17歳

『2019年ブレイク女優』清原果耶が首位 視聴者&業界の注目度増す期待の17歳

 ORICON NEWSでは、この1年に一躍、知名度を上げた女優についてアンケートを行なう恒例企画『2019年 ブレイク女優ランキング』を今年も発表。その結果、NHK連続テレビ小説『なつぞら』での演技が印象深い、【清原果耶】が、堂々の1位に。ドラマ、映画、CMに引っ張りだこだった彼女。清楚で透明感のある17歳という若さと女優然とした卓越した演技力で、制作者、視聴者ともに支持を集め首位に輝いた。



【ランキング表】主役級の美少女にCM女王、“怪演”女優がズラリと並んだブレイク女優TOP10



■業界注目度も高い17歳、10代女優の中で“抜きん出た存在”に



 1位となった【清原果耶】は、今年は6本のドラマ(うち主演は3本)、3本の映画に出演。中でも2度目の朝ドラ出演となる『なつぞら』(NHK総合)では、主人公・なつと生き別れになった実妹の千遥を演じ、終盤では母親として再登場。戦時中に兄弟と生き別れた葛藤を抱える10代の姿と、落ち着きのある30代の姿を巧みな表現力で見事に演じきった。14日に最終回を迎えた、ドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)では、不登校の中学3年生・秋葉春海として出演。主演の生田斗真演じる、岸部満との丁々発止のセリフや、母親の再婚相手との関係など、思春期ならではの心の葛藤を見事に演じた。



 そもそも清原は、ティーン向け雑誌『ニコラ』(新潮社)や『Seventeen』(集英社)の専属モデルを務め、昨年度は『全国高校サッカー選手権大会』応援マネージャーに就任。デビュー時から“若手女優ブレイクの王道コース”をたどってきた。



 多彩な役柄に果敢に挑み、17歳とは思えない演技の幅広さを視聴者に見せてくれた清原。1月に公開された俳優・山田孝之プロデュースの映画『デイアンドナイト』では、ヒロインに抜擢され、家族の愛情を知らずに育った少女・奈々を演じた。山田から「清原さん自身が奈々だった」と役との“シンクロ率”の高さを絶賛。



 世代別では10代、30代、50代で1位、20代と40代でも2位と各世代が支持。彼女の場合、業界内の期待値だけでなく、視聴者にもそのポテンシャルの高さが伝わり、双方から支持を集めたのが、今回首位になった要因だろう。そんな彼女に「演技も上手いし透明感もすごくて」(滋賀県/10代・女性)、「彼女が主演を務めた『蛍草』を視聴したが、演技力に圧倒されたから」(埼玉県/30代・男性)、「可愛さの中に凛とした強さもあり、芯が通ってる感じがする」(神奈川県/50代・女性)と老若男女が讃えた。



 ここまで注目度が高い若手女優は、近年いなかったのではないだろうか。高校卒業後の2020年春に大阪から上京し、さらなる活躍が期待される。



■正統派美少女から今年は“怪演・特異キャラ”でポテンシャルの高さに評価



 2位は【浜辺美波】がランクイン。『東宝シンデレラオーディション』出身で、2016年放送のドラマ『咲 -Saki-』(TBS系)、2017年公開の映画『君の膵臓をたべたい』の主人公役などで知名度が増し一躍、注目若手女優の筆頭株に。



 今年は、映画『賭ケグルイ』の主人公・蛇喰夢子役、6月放送の『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)の「大根侍」で大根を豪快に振り回す女子高生、ドラマ『ピュア! ~一日アイドル署長の事件簿~』(NHK総合)では「なかなか売れなくて芽が出ない、それでいて腹黒い」という女性アイドル・黒薔薇純子と、バラエティに富んだ役柄を演じた。クセの強い役柄にも体当たりで挑む姿が、正統派美少女から一歩踏み出し、女優としてのポテンシャルの高さを見せた。



 また、公開中の映画『屍人荘の殺人』では、自称「探偵少女」の剣崎比留子を演じている。来年も2月1日スタートのドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)への出演が決定。時計や時間に関わるアリバイ崩しを承る“名探偵”を演じるなど、ミステリー作品への起用が続いている。



 アンケートでは「映画にCMに見ない日はなかった」(埼玉県/40代・男性)、「映画にドラマにCMにかなり活躍していた」(東京都/40代・女性)と40代からは1位に支持された。どんな役柄もこなす姿に「役によってのキャラ作りが素晴らしい。次に何やるか楽しみです」(埼玉県/50代・男性)と期待の声が寄せられた。



 今後は、2020年8月公開の映画『思い、思われ、ふり、ふられ』、同年冬公開の映画『約束のネバーランド』と人気漫画作品の実写化も控えており、さらに実力をつける年となりそうだ。



■人気を確かなものに、グラビアから女優への一歩を踏み出した1年に



 上半期4位だった【今田美桜】は、ひとつ順位を上げTOP3入り。“福岡で1番可愛い女の子”として注目され、グラビアでも活躍。オーディションで射止めたドラマ『花のち晴れ ~花男 Next Season~』(2018年/TBS系)の出演以降は、ドラマ、映画、CMでの露出が増加、2018年12月には『Yahoo!検索大賞2018』女優部門を受賞した。



 今年は、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)や『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)と話題のドラマに立て続けに出演。昨年以上に知名度を上げた1年だったといえる。



 今年22歳になったが、実は芸能活動について両親から「22歳までチャレンジしてみて、ダメだったらもう1回考えてみなさい」という条件があったとORICON NEWSのインタビューで明かした。このブレイクぶりは条件クリアを果たしたと言え、両親からは「今は安心してるからね」という言葉をもらったという。



 そんな地道な苦労を重ねてきた彼女の“女子ウケ”する媚びないルックスと生き方に「可愛いですし、最近続けてドラマにも出演しているので」(奈良県/10代・女性)、「女優としてもタレントとしてもマルチに活躍されてる」(東京都/30代・女性)と同性が支持。年明け放送の『半沢直樹 イヤー記念・エピソードゼロ』(2020年1月3日/TBS系)のヒロインにも抜擢。今年以上の飛躍が期待される。



■話題のドラマで魅せた“怪演女優”が名を連ねたTOP10



 5位の【奈緒】は、10代で3位、20代で1位と若年層から支持を集めた。日本テレビ系ドラマ『あなたの番です』で尾野幹葉を演じ一躍注目を浴びた彼女。ユーザーからも「『あなたの番です』の時のなんとも言えない不気味さが引き立っていた」(千葉県/20代・女性)と、ストーカー気質の怪演ぶりは、毎回視聴者を震え上がらせ、強烈なインパクトを残した。“尾野ちゃん”が目立った1年だったが、知名度を上げたのは、2018年前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で演じた主人公の同級生役。その後も、『あな番』出演や、初主演映画『ハルカの陶』、阿部寛主演ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)など、出演作を徐々に増やし待望のブレイクを果たした。



 7位の【福原遥】は、『3年A組』(日本テレビ系)に出演、“ガチ泣き”演技が話題に。さらに激甘なベッドシーンも披露した『コーヒー&バニラ』(TBS系)、『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(日本テレビ系)とドラマ出演が続き、これまで子役時代の“まいんちゃん”や声優のイメージが強かった福原だったが、「女優」として明確にステップアップ。しかし声優、歌手としても活躍しており、今後もマルチな活動に注目が高まっている。ユーザーからも「子役からいい感じに大人の女性へとイメージチェンジしていると思う。これから幅広く色んな役柄を演じてほしい」(長野県/10代・女性)と期待の声が届いている。



 キャリアを積みながら、甘い声と怪演ぶりで話題の【松本まりか】が10位に。ドラマ『ホリディラブ』(2018年/テレビ朝日系)の井筒里奈役で強烈な印象を残した彼女。今年は『死役所』(テレビ東京)、『奪い愛、夏』(AbemaTV)のほか、連続ドラマでのゲスト出演など出演作は多かった。感情を爆発させたり、鬼気迫る演技でサブキャラでも視聴者へ確実なインパクトを残し、「悪女役が似合っていたから」(大阪府/20代・女性)と話題沸騰となっている。



 話題を集めたドラマが例年よりも多かったこともあり、旬な顔ぶれが並んだ今年のランキング。主演やヒロインではなくても、演技やキャラクターで視聴者を引き付け、記憶に残る演技をした女優の活躍が目立った。10代の若手女優が1、2フィニッシュを果たしたことも、来年以降のエンタメ界に更なる地殻変動の可能性を提示したと言えるだろう。



【調査概要】

調査時期:2019年11月15日(金)~11月25日(月)

調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)

調査地域:全国

調査方法:インターネット調査

調査機関:オリコン・モニターリサーチ
カテゴリ