4年ぶり復活『よしもと男前ブサイクランキング』EXIT兼近&アインシュタイン稲田が1位

4年ぶり復活『よしもと男前ブサイクランキング』EXIT兼近&アインシュタイン稲田が1位

 4年ぶりに復活した吉本芸人の“顔”を格付けする『よしもと男前ブサイクランキング2019』の結果発表が18日、都内で行われ、男前ランキングの1位にはEXITの兼近大樹(28)、ブサイクランキングの1位にはアインシュタインの稲田直樹(34)が輝き、賞金100万円を獲得した。



【動画】ライトを浴びてアイドルスマイル!キレキレのトークで爆笑の会見をするEXIT・兼近大樹



 同ランキングは、一般投票によって吉本芸人の“男前”と“ブサイク”の1位を決めるもの。月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもと』で2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されていた。



 3年連続で1位にランクインすると殿堂入りとなり、2015年までの「男前ランキング」では、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡、ライセンス・藤原一裕、ピース・綾部祐二、「ブサイクランキング殿堂入り」では、130R・ほんこん、フットボールアワー・岩尾望、南海キャンディーズ・山里亮太、マンボウやしろ、NON STYLE・井上裕介らが殿堂入りを果たしている。



 ぶっちぎりでのブサイク1位に、稲田は「ちょっとあれですね、僕が弱いものいじめしているみたい。ザコばっかり。来年は『僕対それ以外』っていう感じで、まとめてかかってこい」と王者の風格。「僕はプロのブスです。何を言われても大丈夫。間違っても、一般の人に『アインシュタインの稲田に似ているな』って言わないで。気をつけて、言葉のナイフです」と呼びかけた。一方、男前の王者である兼近は「そうでしょうねとしか」と笑わせていた。



 男前ランキングは2位から順に和牛の川西賢志郎(35)、アインシュタインの河井ゆずる(39)、キングコングの西野亮廣(39)、EXITのりんたろー。(33)がランクイン。ブサイクランキングは2位から順にりんたろー。、キングコングの梶原雄太(39)、吉田たちのゆうへい(32)、コロコロチキチキペッパーズのナダル(34)が続き、りんたろー。が男前とブサイクともにトップ5に名を連ねる異例の事態となった。



『よしもと男前ブサイクランキング2019』

■男前ランキング

1位:兼近大樹(EXIT) 92306票

2位:川西賢志郎(和牛) 75091票

3位:河井ゆずる(アインシュタイン) 50126票

4位:西野亮廣(キングコング) 39020票

5位:りんたろー。(EXIT) 11217票

6位:石井輝明(コマンダンテ) 7634票

7位:菅広文(ロザン) 6879票

8位:木崎太郎(祇園) 6876票

9位:洲崎貴郁(ラニーノーズ) 6753票

10位:水田信二(和牛) 6439票



■ブサイクランキング

1位:稲田直樹(アインシュタイン) 160666票

2位:りんたろー。(EXIT) 32617票

3位:梶原雄太(キングコング) 20820票

4位:ゆうへい(吉田たち) 9873票

5位:ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) 8109票

6位:井上裕介(NON STYLE) 7552票

7位:ほんこん(130R) 3648票

8位:昴生(ミキ) 3401票

9位:伊織(からし蓮根) 2870票

10位:原いい日(ぬまんづ) 2363票

カテゴリ