米津玄師「Lemon」、2年連続カラオケ年間1位 AKB48以来7年ぶり史上3作目

米津玄師「Lemon」、2年連続カラオケ年間1位 AKB48以来7年ぶり史上3作目

 『第25回 オリコン年間カラオケランキング 2019』では、昨年に続き米津玄師の「Lemon」が1位を獲得。昨年に続き2年連続の1位となった。同一作品の2年連続1位は、2009年と2010年に獲得したGReeeeNの「キセキ」、2011年と2012年に獲得したAKB48の「ヘビーローテーション」に続き7年ぶりに同ランキング史上3作目となった。



【動画】再生数5億回の突破!「Lemon」MV



 本作は、昨年2018年3/12付で同ランキング初ランクインとなる18位に初登場すると、4位→2位と週を追うごとに順位を上げ、登場4週目となる4/2付で初の1位を獲得。その後も毎週1位を積み重ね、今年3/25付でついに52週連続1位となり、「連続1位獲得週数」の歴代1位記録を5年7ヶ月ぶりに塗り替えた。その後、11/11付まで85週連続1位と記録を更新し続けた。



 なお、米津作品では、作詞・作曲・プロデュースを手がけたFoorinの「パプリカ」も5位にランクインし、揃ってTOP5入りを記録している。



 その他、今年度の初のTOP10入りは、2位のあいみょん「マリーゴールド」、3位の菅田将暉「さよならエレジー」、4位のOfficial髭男dism「Pretender」と、シンガー・ソングライターの須田景凪がボカロP名義・バルーンとして発表した「シャルル」の6位。



 また、7位から10位には、長年TOP10入りしているロングセラー作品、中島みゆきの「糸」(TOP10入りは5年連続)、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」(同11年連続)、MONGOL800の「小さな恋のうた」(同4年連続)、一青窈の「ハナミズキ」(同16年連続)がランクインとなった。
カテゴリ