「上から目線」の彼と、上手に付き合っていくための対処法

「上から目線」の彼と、上手に付き合っていくための対処法

付き合っていくのが大変な男性像として、「上から目線(モラハラ気質)」が挙げられます。


とはいえ、好きだし、普段は良いところもいっぱいあると、なかなか「別れたい!」とはならないのも事実。


そんなときは、上から目線になる男性の心理を知って、うまく対処できるようにしておきたいもの。


まずは、あなたの彼が俗に言う「モラハラ男」に当てはまるかどうか、どのような特徴があるのかについてみていきましょう。



人格を否定する


モラハラ男の特徴のひとつが、「付き合った女性に対して辛く当たる」というものがあります。


たとえば、ちょっと電話に出られなかっただけで激しく責め立てたり、物を落としただけで「本当にトロイな!」とけなしたり。


根拠もなく「お前は何をやってもダメなんだ」などと言うこともあります。


これ、実は「自分に自信がない」ことが原因。だから彼女の人格をある意味で否定して、自分の方が優れた人間だと思いたいのです。


彼女の自信をなくさせ、自分から離れないようにしようという心理もあります。


交友関係を邪魔する


その他に、彼女の交友関係に対して口を出し、彼女が親しくしている友人や家族を悪く言うこともあります。


会う約束をしていると知ろうものなら、「行ったら許さない」とか「俺と出かければいいだろ?」などと、行かせまいと邪魔をしてくることも……。


これもまた、自分に自信がないことの現れ。彼女が他の人に取られてしまうのではないかと不安なのです。


自分を最優先してほしいし、自分だけのものであって欲しいという願望のため、彼女の交友関係を狭めようとしているのです。


その日の機嫌で態度が違う


モラハラ男は、同じ出来事で、昨日は怒らなかったのに今日は突然怒ることがあります。


たとえば、あなたがお笑い番組を見ていたら、昨日は一緒に笑っていたのに、今日は「お笑いなんてくだらないものばかり見てるんじゃない!」というように……。


これは、彼女に対してだけは「優位に立っている(立ちたい)」と思っているため、自分の機嫌で八つ当たりしても良い相手だと認識しているからです。


モラハラ男自身が、精神的に不安定で機嫌がコロコロ変わるといった要因もあります。


モラハラ男は手なづけられる?対処法をご紹介


モラハラ男は手なづけられる?対処法をご紹介


では、いつもは優しくても付き合い続けるにつれて上記のような一面が表れてくるモラハラ男には、どう対処したら良いのでしょうか?


別れを告げる


嫌な言動をされたら、きっぱりと別れを告げるのがおすすめです。あなたの気持ちがまだあるなら、本気でなくてもかまいません。


あなたが「(別れに対して)本気である」と思わせられれ、もともと自信のない男性ですから、「やっぱりこの人しかいないんだ」と反省するかも。以降言動に気を付けるようになることもあるでしょう。


ただ、もしこの方法を試すなら、ひとつ気をつけたいのは彼からの「強い反論」。場合によっては力に訴えることもないとは言えないので、言葉を選んで、慎重に、でも確かに気持ちを伝えることをおすすめします。


一人で心細い場合は、友人や共通の知人など、間に入ってくれる誰かとともに話すのも良いでしょう。


本気で怒る


その都度本気で怒るというのも効果的です。


彼以上に怒ることで圧倒しつつ、「その手には乗らない(あなたの言いなりにはならない)」ということを示していけば、だんだんとあなたを怒らせることをしないようになっていきます。


飼い犬に手をかまれる、ではないですが、「こいつにはかなわない」と思わせるのがこの手法。


とはいえ、いきなりできるものではないので、まずは普段から彼との対話を重ねて、イヤなことはイヤと、落ち着いて話し合える空気を作っておきましょう。


まとめ


上から目線で来る男性の心理の根底にあるのは、「甘えたい」「構ってほしい」「認めてほしい」などの子供っぽい意識。自分を大きく見せようと必死なのです。


“対処法”で示したように、彼の「わがまま」を普段から受け入れず、きっぱりはね退けることで、彼が変わるかどうか試しても良いかもしれません。


その際には、彼の人柄で好きなところも併せて伝えてあげてください。「いつものやさしい◯◯君は好きだけど、そういう言い方はイヤな気持ちになる、もっと言い方をやさしくしてほしい」などといったように。


(かりん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ