最後の「スター・ウォーズ」最速上映開始 20日から全国公開

最後の「スター・ウォーズ」最速上映開始 20日から全国公開

 1977年に第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから42年。永きにわたり紡がれてきたスカイウォーカー家の物語を描く完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の最速前夜祭上映が19日、全国5つの都市(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)の劇場5館で午後6時30分より始まった。20日から全国公開される。



【動画】レイとカイロ・レン、フォースが激突



 全国で2304人限定の最速上映のチケットを入手できなかったファンを中心に、東京・六本木ヒルズにあるTOHOシネマズではカウントダウンイベントを実施。コスプレなどをしたファン約1100人が大集結が大勢集まった。



 カイロ・レンやストームトルーパー、R2-D2、C-3PO、BB-8らキャラクターたちも立ち会い、本作が「スター・ウォーズ」全9部作の「エピソード9」であることから、9秒前からカウントダウン。「0」になると同時に「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を声を合わせ、ライトセーバーを振り上げ、記念すべき瞬間を祝った。



 同映画は、ジョージ・ルーカス氏が生み出した『新たなる希望』からはじまるオリジナル3部作の3作目『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)からおよそ30年後の世界を描いたシリーズ最後の3部作の完結編。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、わずかな同志たちと立ち上がるレイ。“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦により、スカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガは結末を迎える。
カテゴリ