『るろ剣』最終章、タイトル&公開日決定 2部作で雪代縁との戦いから十字傷の謎に迫る

『るろ剣』最終章、タイトル&公開日決定 2部作で雪代縁との戦いから十字傷の謎に迫る

 俳優の佐藤健が主演を務める大人気シリーズ映画『るろうに剣心』最終章のタイトルと公開日が決定した。タイトルは『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で、第1部の『The Final』が来年7月3日、第2部『The Beginning』が来年8月7日にそれぞれ公開される。



【画像】和月伸宏先生から佐藤健に届いた直筆メッセージ入り色紙



 2012年8月に公開された『るろうに剣心』、14年8月公開の『るろうに剣心 京都大火編』、同9月公開の『るろうに剣心 伝説の最期編』の3作の累計興収は125億円、観客動員数は980万人を突破した。日本だけでなく、北米、イギリス、香港、韓国、台湾など世界100ヶ国以上で配給もされた。



 『The Final』は、中国大陸の裏社会を牛耳る武器商人で、志々雄真実に武器や軍艦を送り込んで操っていた、剣心の義理の弟・縁(えにし)との戦いをアクションとドラマで描く。“日本転覆”を目論んでいた志々雄との死闘を終え、神谷道場で穏やかな生活を送っていた剣心たち。しかし、何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及んでいく――。



 その戦いは、剣心が自らの手で斬殺してしまった妻・雪代巴と過ごした幕末時代に大きく関わっており、消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。そして、これまで語られることのなかった十字傷に迫る第2部『The Beginning』へと続き、動乱の幕末と明治維新後の新時代が描かれる。



 さらに、ティザービジュアルも公開に。目を閉じて逆刃刀を手にする剣心、そして頬には十字傷。剣心カラーの赤い着物をまとい、これから目にする最終章の始まりを感じさせるようなビジュアルになっている。
カテゴリ