テレ朝・弘中綾香アナ、NHK『新春TV放談』参戦「2019年で一番緊張した収録」

テレ朝・弘中綾香アナ、NHK『新春TV放談』参戦「2019年で一番緊張した収録」

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが、来年1月2日放送のNHK『新春TV放談2020』(後10:00)に出演。司会の千原ジュニアとNHKの杉浦友紀アナ、バカリズム、ヒャダイン、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサー、日本テレビ『あなたの番です』プロデューサーの鈴間広枝氏、クリエイティブプランナーの陳暁夏代氏とともに、2019年のテレビを総決算する。



【番組カット】NHK初出演 微笑むかわいい姿をみせた弘中綾香アナ



 同番組では、局の垣根をこえて、1年間で話題になったドラマやバラエティー番組など、全部まとめてヒットの秘密や魅力を掘り下げ。ネット動画コンテンツにも注目しており、トピックには「大ヒット『あなたの番です』考察ブームの舞台裏」「配信も見逃せない、視聴者だけじゃなく、芸能人もテレビ離れ!?」「テレビは時代を映し出す。2020年、日本のテレビはどこへ向かうのか」といったラインナップが並ぶ。



 今回の収録を終えて、弘中アナは「NHKは初めて来ましたが、どこに行っても入口が見つからないくらい大きくてびっくりしました。テレビ朝日なら5個は入りますね。あとは司会進行ではなく、パネラーとして参加するのが初めてでした。やってみて、司会進行の方が自分は得意だと思いました。まぁ、進行もあんまり得意じゃないんですが(笑)」と回顧。



 続けて「テレビ朝日からはひとりだったので、代表という思いがあって、いろんな先輩の顔がよぎりました。2019年で一番緊張した収録ですね。そして勉強になりました」と率直な思いを告白。「私は、テレビを面白いなー楽しいなーくらいでしか見ていなかったなと。これから心を入れ替えてもっと真剣に見ます!」と呼びかけていた。



 ジュニア、バカリズム、ヒャダインからもコメントが寄せられた。



千原ジュニア

「テレビ放談、とは言いつつも、いろんなコンテンツが参入してきており、メディアの新しい波を扱った番組です。局の垣根はもちろん、ツールの垣根をこえて番組にスポットを当てて話すということが興味深く、とても楽しい収録でした」



バカリズム

「今回初めて参加させていただいたのですが、少し薄暗くてオシャレな雰囲気の場所でテレビについて楽しく語り合う感じが、打ち上げの三次会みたいで楽しかったです。みなさんもそんな感覚で気軽に楽しんでいただけたらと思います」



ヒャダイン

「今年も識者のみなさまと大好きなテレビについて好き放題語り合うことができて、本当に楽しい時間でした。にしても、毎回ただの『テレビ好き』として識者のみなさまに混ぜていただくのがありがたいような申し訳ないような。でも、全国のテレビ好きのひとりとして出演したので、みなさまも楽しみにしておいてください!」
カテゴリ