まだ好き!大好きな彼と復縁するために必要なコト3つ

まだ好き!大好きな彼と復縁するために必要なコト3つ

彼氏と勢いで別れてしまった……。


でもそれって、正しい選択?


やっぱりもう一度付き合いたい……なんて気持ちになりこともありますよね。


そんなときに、ぜひ読んでもらいたいです。


今回は元カレと復縁をした、3人の女性のエピソードをご紹介しますよ。



冷却期間が奏功!


「大学3年のときに同じ学部で知り合った彼氏と、一時は本気で別れようと考えたこともありました。

それはちょうど、卒業間際のことです。

卒業後に、彼は静岡に本社がある会社に採用されて、東京に住む私とは遠距離恋愛になりました。


しばらく彼から一方通行のLINEや電話が続きましたが、私が応じたのは30回に1回ぐらい。

そんな関係が1年半続き、私にも『いいなぁ』って思う人ができました。

その人とは何度か食事に行きましたが、気づくとなぜか彼氏と比べていることが多くて……。


なんか彼氏との方が、一緒にいてしっくりくるというか。

そのモヤモヤが妙に気持ち悪くて、しばらく考えた結果、私は彼と久しぶりに会ってみることにしました。


すると何ていうか、久々なのに変に落ち着く感じで、『やっぱり私、この人のこと好きだったのかも』って思ったんです。

それがあったから、今は冷めそうになったらちょっと距離を置くとかして、なんだかんだ仲良く続いていますよ」(フリーター/24歳)


冷却期間に、別の男性とデートをしてみたところ、彼の大切さに気づいたようです。


彼との関係に悩むことがあったら、一度冷却期間を設けてみて、彼との今後を、落ち着いて考える時間を作ってみるといいでしょう。


何より謝ること


「1年続いた彼とケンカ別れをして、そのまま音信不通になりました。

原因は、私の勘違いです。

あとから友だちに相談して気づきました。


彼には職場に仲のいい女性がいて、それを私が嫉妬しちゃって……。

もう最後の方は疑心暗鬼で、私が一方的に浮気と決めつけて、彼に酷い暴言を吐きました。


でも、彼と同じ職場のその友だち曰く『全然、浮気とかじゃないよ。彼も私もあの人(嫉妬した女性)と同じプロジェクトで、チーム全体が仲良しだけど、プライベートでどうこうとかはないよ』と。


私は友だちの後日談を聞いて、最初は『もう二度と会わないからいいや』と思っていましたが、日にちが経つに連れ、申し訳ないことをしたという気持ちが強くなっていきました。


とりあえず謝りたい一心で彼に連絡すると、意外にもあっさり会ってくれたのです。

でも会うとダメですよね……。


もう涙がこみあげてきて、謝るつもりだったのに、なんか頭が真っ白になっちゃって。

その場で彼に謝ることも『好き』とも言えなかったのですが、ギュッと抱きしめてくれて仲直りできました」(エステティシャン/27歳)


些細なケンカが原因で、別れに繋がることも良くありますよね。


でも、彼と本当は別れる気はなく、ちょっと言いすぎてしまった……と思っているのであれば、素直に謝ってしまうのが得策です。


すぐに誤れば、彼も許してくれますよ。


欠点を克服して結果を出す


欠点を克服して結果を出す


「僕は彼女の大口を開けたり、くちゃくちゃしたりする食べ方が嫌で、気持ちが段々と冷めていきました。

しかも、一度嫌だなって思うと、なかなかそれを拭うのは難しくて……。


結局のところ食べ方については触れず、別れを告げました。

それから少し間が空いて、交際記念日のときに『会ってほしい』と連絡が。

『あきらめきれないから何か自分に欠点があれば言って』と言われたので、仕方なく食べ方のことを伝えました。


3ヶ月後、僕の誕生日のときに再び『会ってほしい』と言われ、一緒に外食したのですが、食べ方が普通になっていたことにびっくり。

彼女は3ヶ月間、食事のマナー講座に通っていたそうです。


僕なら絶対に彼女のような真似はできないし、そもそもこっちから無理って言っちゃいますね。

そんな彼女の地道な努力が響いて、改めて大切にしたいなと思いました」(販売員/25歳)


彼に別れを告げられるのには、きっと理由があるはずです。


もちろん彼に他の好きな人ができた……というのであれば別ですが、別れの原因が自分にあるなら、彼と付き合い続けるためにも自分のダメな言動を改善したいですね。


まとめ


本当に彼氏のことが好きなら、交際が続くようにあきらめずに進んでほしいと思います。


また、少し彼との関係に迷う気持ちがあるという女性は、ワンクッション挟むのも時として大切。


人生に悔いを残さないよう、今できることを精一杯やってみてください!


(鹿賀大資/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ