たまには一緒に入りたい!カップルのお風呂事情

たまには一緒に入りたい!カップルのお風呂事情

みなさんは、彼と一緒にお風呂に入ることってありますか?


恥ずかしさがあったり、「マンネリ防止には裸を見慣れるのもむしろよくない」なんて意見もあったりしますが、「一緒にお風呂」を上手に楽しんでいる仲良しカップルはどうしているの?


実際に一緒にお風呂に入っているカップルに、話を聞いてきました。



イチャイチャだけじゃない!「癒やされ効果」


「彼女とお風呂に入って背中を流してもらったり、マスクやスクラブを二人で一緒にやるのが楽しいですね。温泉旅行とはまた違い、イチャイチャというより癒やされ効果が高いかなあ。


お風呂上りは、彼女が僕の爪をヤスリで整えて、ささくれや甘皮を切ってくれます。

なんだか、とても大事にされてるみたいでうれしいですね」(28歳・男性)


「彼とお風呂」=求められるのはセクシーさ、と考える女子も多いですが、癒やしを求める男性も多いです。


ちょっとしたケアで心地よさを感じさせたり、優しく背中を流す・シャンプーがうまいなどの一面は、一緒にお風呂に入る仲にならないとわからないポイント。


それだけに「彼女にこんな癒やしの一面があったなんて」と感激する男性も多いんです。


これなら恥ずかしくない!「マンネリ防止」


「『一緒にお風呂に入ろう』と言われても恥ずかしいし、裸を見せすぎるのも嫌でした。

暗くしてキャンドルをつけるようなムーディな演出は彼には不評だし……。


今は少し時間差をつけて入るようにしています。

私が先に入って、顔も髪も体も全部洗って、湯船につかる段階で彼に入ってきてもらうんです。

二人で湯船につかっておしゃべりして、私が先に出ます。


これなら明るくても、見せすぎな感じはないし、気まずくもない。

『彼とお風呂』のいいところだけを楽しめてる感じかな?」(25歳・女性)


キャンドルだけの暗いお風呂は、目が慣れず嫌がる男性もいます。


とはいえ、メイク落としやシャンプーなど、よそ行きの顔からすっぴんに戻るプロセス、体を洗う様子を明るいところで見られるのは意外に恥ずかしいもの。


このケースのように、二人になるのは湯船につかる間だけというスタイルなら、程よいドキドキ感を味わえそう。濁るタイプの入浴剤をいれれば「見せすぎ」も防げますよね。


先に上がった彼女のスキンケアやドライヤーが終わったころに彼が出てきて『じゃ、寝よっか』とスムーズな流れになるのもうれしいところ。


素直になれるから「仲直りにも効く」


「同棲中の彼とは『ケンカしても、寝るまでには仲直りしよう』と決めてますが、彼は謝るのが苦手。私も自分ばかり折れたくない。だからお風呂に誘います。『いい入浴剤を入れたから一緒に入ろう』って。


理由があればお互い誘いやすいし、一緒にお風呂にいると、気分がほぐれて素直にいろんなことを話せます。

私のすっぴんを、彼が『顔、薄っ!赤ちゃんみたいだな(笑)』なんてからかってくると、怒ってるのもばかばかしくなるんです」(27歳・女性)


「裸の付き合い」なんて言葉もありますが、同じお風呂に入ることで、お互いに心を開けることも。謝るのが苦手な男性も多いですが、仲直りにも効果的です。


彼をお風呂に誘うのが恥ずかしい!とか、それまでケンカしてたのに一緒にお風呂なんて……という人は、いい香りの入浴剤や、特別感のあるシャンプーなどを用意して。


お風呂タイムを充実させるアイテムがあれば、シャイなあなたでも誘うハードルが下がるはず。


たまには一緒に入ってみては?


お風呂は究極のプライベート空間。それだけに、彼と一緒はちょっと……という人もいるかもしれませんね。


でも、仲良しカップルたちは意外にも、ほっこりした時間を楽しんでいるようです。


たまには彼と一緒に癒やしの時間を持ってみてもいいのでは?


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ