舞台『巌窟王』が開幕 主演・橋本祥平「2019年ラストにふさわしい作品にします」

舞台『巌窟王』が開幕 主演・橋本祥平「2019年ラストにふさわしい作品にします」

 舞台『巌窟王 Le theatre(ル テアトル)』が20日、東京・新宿のこくみん共済 coopホール/スペース・ゼロで開幕した。



【全身ショット】役衣装で登場した橋本祥平、徳山秀典らキャスト陣



 同作は、アニメ『巌窟王』の放送15周年を記念して舞台化。開幕直前の取材会には、アルベール・ド・モルセール子爵役の橋本祥平、モンテ・クリスト伯爵役の谷口賢志、フランツ・デピネー男爵役の前嶋曜、メルセデス・ド・モルセール役の遠山景織子、フェルナン・ド・モルセール将軍役の徳山秀典が出席した。



 主演の橋本は「いよいよ来たなと。とにかくけいこ内容が濃く、こんなにもけいこ場で全員の脳みそを使ったことはない」と手応えをにじませると「2019年ラストにふさわしい作品にします」と気合十分に語った。



 個性的なメイクで注目を集めた谷口は「僕が望んでなったわけではないので…」と笑いつつ「普段の役者は、異質な芝居をメイクや衣装を使わず表現したいと思うもの。ただ、顔の色を変えたり、ビジュアルで表現できるのは、2.5次元の楽しさなのかな」と話していた。



 同舞台は、きょう20日から28日まで同所で上演される。
カテゴリ