坂本昌行、錦織圭選手へエール ドキュメンタリー番組でナレーションを担当

坂本昌行、錦織圭選手へエール ドキュメンタリー番組でナレーションを担当

 V6の坂本昌行がナレーションを担当する、WOWOWテニスドキュメンタリー『錦織圭 覚悟~節目の一年を迎えて~』が、29日(後4:00)にWOWOWライブで放送される。



【写真】イベントで元気な姿を見せた錦織圭選手



 テニスの試合をよく観戦しているという坂本は、同局で2017年12月に放送された『錦織圭・大坂なおみ それぞれの世界挑戦2018』、同じく18年12月に放送された『錦織圭 復活~世界の頂を目指して~』でもナレーションを務め、今回で3年連続となる。



 錦織選手は今シーズン、全豪、全仏、ウィンブルドンでベスト8に進出し、18年から数えてグランドスラム5大会連続ベスト8以上を記録。今年7月にはツアー通算400勝を達成し、日本男子では歴代最多となる記録を打ち立てた。しかし、9月に右肘の負傷で離脱を余儀なくされ、ツアーを最後まで戦うことができなかった。



 今回の放送日は、奇しくも錦織選手の30歳の誕生日。番組では、20代最後の1年となったツアーを振り返りつつ、これまであまり語られてこなかった彼の人生観にも迫る。そして、その素顔から見えるプロテニスプレーヤー錦織圭という人物を解き明かしていく。



 そして、自身も今年、膝の手術を受け、「ケガをして悔しい思いをしている彼の心境はよくわかります」と語る坂本が、錦織選手へのエールを込めて、番組の見どころをたっぷり語ってくれた。



■坂本昌行「精神的なプレッシャーから解き放たれた時に、もう1つ上のステージに行ける」



――今年の錦織選手の活躍について



【坂本昌行】連続でベスト8以上というのはすごいと思いますが、グランドスラムではナダル、フェデラーといったレジェンドたちになかなか勝てないというジンクスみたいなものがあり、今年もそれを乗り越えられなかったのは本人が一番もどかしさを感じているのではないでしょうか。でも、グランドスラムで彼らとしっかりと闘えたことは、大きな自信になっていると思います。



――全米オープン3回戦で敗れ、その後、肘の手術を受けた錦織選手について



【坂本】錦織選手と比べるのはおこがましいですが、ケガをして悔しい思いをしている彼の心境はよく分かります。「頑張ってください」「応援しています」「待っています」という周りの人の言葉はとてもうれしいのですが、実際はメスを入れたところの痛み以上にメンタルの方がつらい時期が僕にもありました。ですから、今、錦織選手にどんな声をかけたらいいのかわかりません。



 僕もそうでしたが、錦織選手も絶対に治したいという気持ちでリハビリに取り組んでいると思います。僕の場合はマイナスなことは考えないようにしました。ただ、常に前向きになるのは難しいことで、一歩前進しては半歩後退する毎日でした。少しずつできることが増えてくると気持ちが前向きになってきました。



 焦ることはないと思います。僕はずっと錦織選手のプレーを見ていたいので、じっくりと時間を使って、万全な状態になってからラケットを握ってほしいです。



ーー坂本さんの30歳の頃は?



【坂本】スポーツ選手と一緒にしてしまうのは失礼ですが、選手生命ならぬアイドル生命というのはそんなに長くはないと当時は感じていたので、焦りみたいなものは確かにあったと思います。でも、30歳になった時に、それまでの自分の中で感じていた“アイドル像”から解放された気がしたのです。肩の荷が下りたという感じで「素のままの自分でいいのだ」と思いましたね。アイドルという殻を破り、自由になれたような気がしました。



 錦織選手も今は周りから年齢のことはよく言われていると思います。30歳になり精神的なプレッシャーから解き放たれた時に、もう1つ上のステージに行けると思うのです。それまでのがむしゃらに頑張ってきた気持ちがなくなって、より目的がはっきりと見えてくると思います。



――来年以降の錦織選手に期待していることは?



【坂本】来年は東京オリンピックがありますよね。オリンピックの舞台に立つことはスポーツ選手にとっては最高の憧れだと思います。ですから、その舞台で活躍する錦織選手をぜひ見たいですね。



 今年のデビスカップにジョコビッチやナダルが出ていて、国を背負って闘志むき出しで戦っている姿に心が揺さぶられました。その大会に錦織選手の姿がなくて、すごく悔しかった。2016年のデビスカップでは杉田選手とダブルスを組んでいたのですが、またあのペアで国を背負って戦う姿も見てみたいです。



 勝利する姿を見ることが一番ですが、僕はできるだけ長く彼のコートで躍動している姿を見続けていたいです。もはや彼は日本のレジェンドだと思うのでいつまでも後進たちの大きな目標になっていてほしいです。
カテゴリ