千鳥・大悟、大好評の“イメージ料理” クリスマス・スペシャル披露

千鳥・大悟、大好評の“イメージ料理” クリスマス・スペシャル披露

 テレビ朝日系で22日、『M-1グランプリ2019』(後6:34~)で、“令和初”の漫才日本一を見届けた後は、お笑いコンビ・千鳥の冠番組『テレビ千鳥 DAIGO'Sキッチン クリスマスSP』(後10:10~11:00)を放送。千鳥が「ちょっとだけ見て判断して」「『M-1』ですごい興奮の直後ですが、これもお笑いですから」とM-1の視聴者にチャンネルを変えないよう呼びかける。



【写真】イメージシェフ大悟が料理のコツも伝授!?



 普段は月曜深夜に放送されている同番組(毎週月曜 深1:56〜2:24)。大悟とノブが今一番やりたいさまざまな企画を、基本2人だけでロケをするバラエティー。今回はスペシャルということで、渡辺直美、新川優愛、博多華丸がゲスト出演。レギュラー放送でおなじみの「DAIGO'Sキッチン」のスペシャルバージョンをお届けする。



 「DAIGO'Sキッチン」は、普段は料理をしない大悟がイメージだけでリクエストされた料理を作る企画。過去には「どの国にもないめちゃくちゃうまい汁」というスープや、すき焼きにカレーのルーを入れた「うまいもんにカレーぶちこみゃあ そりゃうまいカレーになるに決まっとろうじゃカレー」などを作ってきた。調味料の分量は適当で、味付けは大悟の感覚のみ。見た目もけっして良くないが、いずれの料理も味見したノブは「うまい!」と大絶賛。今年の「テレ朝夏祭り」でも販売され、行列ができるほどの大人気となった。



 今回、渡辺を前に「ちょっとクリスマスを意識しようか?」と、料理研究家風にやる気満々の大悟。スーパーで食材探しを始めるが、「ねぎ、ニンニク、大葉さえあれば(なんでも)うまくなる」「何に入れてもうまい、魔法の液体は絶対に買う」と次々と食材を購入するも、ノブから「クリスマスパーティー感がない」とツッコミが…。



 キッチンスタジオでは新川、華丸が参戦。ノブ、渡辺とともにシェフ大悟の調理を観察していく。そんな大悟が作るのは、「大悟流 照り焼き茶碗蒸し」のほか、ある肉を珍しい調理法で仕上げた料理、そして「DAIGO'Sキッチン」では初めての揚げ物にも挑戦するなど、計5品を大悟ならでは料理のコツを披露しながら調理を進めていく。



 中でもノブらが驚いたのは、クリスマスにおなじみのチキンとご飯を合わせた最後のご飯料理。あまりにも大胆な調理法に、見ているノブ、渡辺らからは悲鳴が上がったほどだった。果たして、このご飯料理の正体とは?
カテゴリ