“C-3PO”アンソニー・ダニエルズと「スター・ウォーズ」全9作を振り返る

“C-3PO”アンソニー・ダニエルズと「スター・ウォーズ」全9作を振り返る

 1977年にジョージ・ルーカス監督による『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから42年。永きにわたり紡がれてきたスカイウォーカー家の物語を描く完結編、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が20日から全国の劇場で公開中だ。



【動画】「スター・ウォーズ」の歴史がつまった特別映像



 オリジナル三部作、新三部作、そして最後の三部作と出そろった中で、ただ一人、そのすべてに出演しているのが、C-3POの“中の人”アンソニー・ダニエルズ。今月11日・12日の来日キャンペーン中に行ったORICON NEWSの単独インタビューで、1作目から最後の『スカイウォーカーの夜明け』までをざっくり振り返ってもらった。



■オリジナル三部作でC-3POは“みんなのお友達に”



『エピソード4/新たなる希望』(1977年/ジョージ・ルーカス監督)

『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年/アーヴィン・カーシュナー監督)

『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年/リチャード・マーカンド監督)



――『エピソード4』は、特徴的なオープニングロールの後、宇宙空間で「タンティヴIV」(レイア姫が乗っている)が、「インペリアル・スター・デストロイヤー」(ダース・ベイダーが乗っている)の追撃を受ける中、最初に登場したキャラクターがC-3POとR2-D2でした。



【アンソニー・ダニエルズ】撮影しながら、正直、何が起きているのかさっぱりわからなくて、当時は相当クレージーな気分だったと思う。それに、R2-D2の音声は後からつけることになって、撮影時は無音だったんです。そういう相手と会話している芝居をするのは難しかった。ひとり言を言ってるのと変わらないわけだから。これでいいのか?と思っていたよ。



――『新たなる希望』の公開当時、C-3POをあなたが演じていることはほとんど知られていなかったそうですね。



【アンソニー】私は秘密の存在だったんです(笑)。続編の製作が決まって、2作目の『エピソード5/帝国の逆襲』の公開時は、オープンにしていたと思いますが、「まさか、中に人が入っていたとは思わなかった」と言われるのが、うれしかった。ロボットだと思ってくれていたというのは、それだけ僕の演技がよかったということですからね(笑)。



――『エピソード5』では、何者かによって撃たれ、バラバラにされ、焼却炉で燃やされそうになりました。



【アンソニー】C-3POの受難に同情してくれたファンも多かったし、チューバッカが修理してくれたんだけど、頭が逆向きでおもしろいシーンになったね。おもちゃみたいで親近感が湧いたんじゃないかな。そもそもC-3POは人間型でおしゃべりもできるので感情移入しやすいキャラクターだったと思う。C-3POのことを友達みたいに思っているファンがたくさんいる。日本の皆さんもそうじゃない? (12月11日開催のレッドカーペットイベントで)C-3POのコスプレをしている人がたくさんいて、とてもうれしかった。一人ひとりにあいさつしたかった。



■新三部作は、ルーカス監督がCGに夢中で…



『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年/ジョージ・ルーカス監督)

『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年/ジョージ・ルーカス監督)

『エピソード3/シスの復讐』(2005年/ジョージ・ルーカス監督)



――『エピソード1』で、C-3POは9歳のアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)によって、母シミの奴隷仕事を手助けするために、廃品で作られたことが明らかになりました。『エピソード2』で、母に危険が迫るのを感じたアナキンが10年ぶりに故郷の惑星タトゥイーンにて帰ってきたところで再会。さらに、バトル・ドロイドの胴体と頭を溶接されて、ジェダイを攻撃する場面もありました。さらに、『エピソード3』のラストでは、アナキンの記憶を消去され、R2-D2とともに共和国元老院のオルデラン代表ベイル・オーガナに引き取られ、養女レイアに仕えることになり、『エピソード4』につながっていきます。



【アンソニー】新三部作のジョージ・ルーカス監督は、CGに夢中だった。C-3POのシーンの撮影もグリーンバックやブルーバックばかりだったんだ。だから、撮影現場で興奮することもなかったし、かえって難しかった。完成作を見るまで、自分がどんな乗り物に乗っているのか、知らなかったくらいさ。それでも、私が呼ばれ続けたのは、C-3POというキャラクターの一貫性を保つためだったと自負しています。



■最後の三部作、『スカイウォーカーの夜明け』にはとても満足



『フォースの覚醒』(2015年/J.J.エイブラムス監督)

『最後のジェダイ』(2017年/ライアン・ジョンソン監督)

『スカイウォーカーの夜明け』(2019年/J.J.エイブラムス監督)



【アンソニー】『フォースの覚醒』でJ.J.エイブラムス監督はC-3POの腕を赤くした。元の金色に戻してくれと、毎日のように訴えたよ(笑)。『最後のジェダイ』のC-3POはそこにいるだけで、だたの飾りみたいだったよね。



 最後の『スカイウォーカーの夜明け』は、とても満足しているよ。とくにヨルダンの砂漠での撮影は本当に楽しかった。ケータリングもおいしくて、ついつい食べすぎてしまって危なかったよ。撮影中に太るとC-3POのスーツが着られなくなるからね(笑)。観客の皆さんにも納得してもらえるんじゃないかな。これまで8本あった糸が、9本目を加えてねじり合わせて太い1本になった。



――改めてシリーズ全作品に出演したことをどう思っていますか?



【アンソニー】C-3POとR2-D2はアイコンのような存在になっていて、この2つのキャラクターが出ていれば、「スター・ウォーズ」だと誰もが認識してくれるようになっていったし、それが役目だったと思う。全うできたことは私にとっても光栄なことでした。



――「スター・ウォーズ」が終わるということは、C-3POともお別れなんでしょうか?



【アンソニー】これまでもそうでしたが、小説やアニメ、ゲームなどのスピンオフに、C-3POが出てくることはあるでしょうし、皆さんの心の中でずっと生き続けるものだと思っています。



――もしまた、C-3PO役で出演オファーがあったら?



【アンソニー】もちろん、やりますよ。
カテゴリ